神戸弘陵4強 ドラフト候補・時沢健斗 ピンチで登板「ギアマックス」で切り抜ける

神戸弘陵4強 ドラフト候補・時沢健斗 ピンチで登板「ギアマックス」で切り抜ける

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

ギアマックスで相手を抑え込んだ神戸弘陵・時沢

「春季高校野球兵庫大会・準々決勝、神戸弘陵4-3滝川第二」(3日、高砂球場)

ついに8強の壁を破った。神戸弘陵が接戦を逃げ切り、滝川第二を下した。

背番号「10」の2年生・田中大夢投手が力投を見せた。五回までは二塁も踏ませない投球。テンポ良くアウトを積み重ねた。しかし4点リードの七回、相手の打線に捕まり2失点。続く八回も1死一、三塁と一打同点ピンチを招いた。

「抑えてくれると思った」という後輩・田中の思いを背負い、背番号「1」がファーストミットをグラブに持ち替え堂々とマウンドに上がった。

「1回戦から十分抑えてくれていた。後は任せろと思って投げました」とドラフト候補右腕、エースの時沢健斗投手(3年)。4番・秦利之介内野手(3年)を全力で抑え込み空振り三振。球場の雰囲気を一気に変えた。けん制からの挟殺プレーの間に1点を失ったが、エースの鬼気迫る投球で流れを引き戻した。

今大会の登板はまだ1イニングのみ。「ギアマックスで行きました。スッキリしました」と、時沢はうっぷんを晴らすかのように腕を振り、帽子を飛ばしながら1回2/3を3奪三振の快投で勝利をたぐり寄せた。

これで岡本博公監督就任後初の4強入り。「8の壁を破ると言ってきた。うれしいです」と顔をほころばせた。しかし、「次からは知らない世界。しっかり準備をして臨みたい」と、すぐさま勝負師の顔に戻り、準決勝を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加