置き去りにされた黒猫 動物好きな家でのんびりセカンドライフ

置き去りにされた黒猫 動物好きな家でのんびりセカンドライフ

  • sippo
  • 更新日:2020/07/12
No image

西山ごえもんくん

繁殖業者ではないかと噂されていた人が2匹の猫を置き去りにして転居した。ふさふさの毛をした黒猫は、動物好きな家族に譲渡された。黒猫は何事にも動じない性格で、先住の大型犬や猫と一緒にのんびりと暮らしている。

(末尾に写真特集があります)

自家繁殖業者が置き去りに

兵庫県西宮市で純血種の猫を自家繁殖していた人が2014年春、突然引っ越し、2匹の猫が置き去りにされた。1匹は家の外でじっと動かずにいたところを発見、保護。その後、残る1匹も保護された。2匹は譲渡先を探すサイトで紹介された。

No image

空飛ぶ夢を見ているの?

兵庫県内にある西山さん宅では、以前は猫を常に3、4匹飼っていたが、亡くなった後に新しい猫を飼うことはなかったので、近所の公園で保護した猫1匹だけになっていた。

「いい子がいたら、もう1匹迎えたいという思いが頭の隅にありました」

2014年の夏、譲渡サイトを見ていると、西宮で保護された猫が出ていた。長毛でふんわりした黒猫で、以前飼っていた猫を足して2で割ったような風貌だった。

「一目見た瞬間、あまりにも似ていたので、ワーッと思いました。猫の世話は主に母がしていたのですが、『そっくりの子がいる!』と思わず伝えました。それまで母は猫はもういいと言っていたのですが、写真を見て飼ってみたいということになったんです」

西山さんは黒猫を家に迎えた。保護した人が名付けた「ごえもん」という名前は変えなかった。

ストレスなく過ごせるように

先住猫との相性は心配だったが、いつの間にかなじんでいったという。

ごえもんくんは、のんびりした性格で、ちょっとやそっとのことでは動じない。西山さん宅には、大きな犬2匹も飼っているが、犬が通ってもごえもんくんはビクビクすることもなく、平然とごろんと横になっていた。

No image

先住猫きんくんと

ごえもんくんは、家の窓を開けるのがうまい。人間でも重たいと感じる窓を、鍵がかかっていなければ、いとも簡単に開けてしまう。窓を開けて庭に出ることもあるが、庭から外には出て行かない。

西山さんは、ごえもんくんが4年ほど前に先天性の心臓病の症状が出てきたので、ストレスなく過ごせるように気遣っている。家族のうち娘が一番可愛がっていて、ごえもんくんもそれが分かるのか、娘の部屋で過ごすことが多いのだという。

【関連記事】店に迷い込んだ子猫 捨てるという上司に「私が飼う」と宣言した

渡辺陽

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加