浦和MF柴戸海に懸かる期待、指揮官も絶賛 「水を運ぶ男」鈴木啓太を超える存在へ

浦和MF柴戸海に懸かる期待、指揮官も絶賛 「水を運ぶ男」鈴木啓太を超える存在へ

  • Football ZONE web
  • 更新日:2020/08/02
No image

浦和レッズMF柴戸海【写真:高橋 学】

清水戦でハーフタイム明けから投入されて戦況一変、柴戸投入で上がったチームのギア

浦和レッズは1日のJ1第8節で清水エスパルスと1-1で引き分けたが、ハーフタイム明けから投入されて劇的に戦況を変えたのはMF柴戸海だった。浦和では、今季から特に存在感を大きくしている。

前半の浦和は中盤でのボールの奪いどころがはっきりせず、つり出されては間を使われて外されていく悪循環になった。浦和のベンチ横では、ハーフタイム前から柴戸にウォーミングアップのペースを上げるように指示が出されたと見られる姿があった。その後、ハーフタイムに入ると他のベンチメンバーとは別行動で動きのピッチを上げるとロッカールームへ。MF青木拓矢との交代で後半のスタートから送り込まれた。

大槻毅監督によるチーム全体の守備的な修正はあったにしても、柴戸の投入で明確にチームのギアは上がった。コンビを組むエヴェルトンを前方に押し出しつつ、サイドバックとセンターバックの間にできるスペースもカバー。そして、球際ではまさに相手ボールを“刈り取る”ような強さを見せた。

大槻監督もまた「今日はハーフタイムに青木(拓矢)と代えましたけど、早い時間にイエローカードをもらってしまっていたので、中盤でアグレッシブに守備をするようなところがほしかったので彼を使いました。しっかりと戦術的なタスクもこなしてくれましたし、局面でのボール奪取や、なおかつボールが入る前のポジショニングの修正も含めて、いい仕事をしてくれたと思っています。また攻撃面でも成長が見られますし、さらに成長してほしいと思っています」と絶賛した。

大槻監督も期待 「誰かのような、ではなく柴戸海と言われるようになってくれたら」

2018年に明治大学から浦和に加入した柴戸は開幕当初に出場機会を得られなかったが、4月に大槻監督が当時の堀孝史監督との契約解除に伴い暫定監督に就任した時に公式戦デビューした。その後、オズワルド・オリヴェイラ監督にスイッチするとリードしたゲーム終盤の“クローザー”的な役割を担いリーグ9試合出場。昨季はシーズン途中にオリヴェイラ監督から大槻監督へのスイッチがあったが、リーグ戦の出場数を20試合に伸ばした。

今季は4バックを導入してチームを再構築しているなかで、沖縄県でのトレーニングキャンプの時から柴戸の存在はチームの中で大きくなり、大槻監督が期待をかけていることは端々から伝わった。そして公式戦がスタートすると、チームの中核を担う1人になりつつある。

かつて浦和の中盤を支え、元日本代表監督イビチャ・オシム氏に「水を運ぶ男」と称された鈴木啓太氏になぞらえる声もある。一方で指揮官は「誰かのような、ではなく柴戸海と言われるようになってくれたら良いと思う」と話す。

ランニング系のトレーニングでは常にチームトップを争うような姿を見せ、明大時代には主将も務めた人間性の持ち主でもある。3年計画で世代交代も図りながらチームを作ろうとしている浦和の中で、明確なリーダー候補がメキメキと成長する姿が見られている。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

轡田哲朗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加