Z世代社会人の7割が「職場のバブル世代に対してギャップを感じている」

Z世代社会人の7割が「職場のバブル世代に対してギャップを感じている」

  • @DIME
  • 更新日:2022/05/14

Z世代(20~24歳)、ミレニアル世代(25~34歳)、ロスジェネ世代(35~49歳)、バブル世代(50代)など、様々な世代が一緒に働く会社組織。各世代間にはいったい、どれほどのジェネレーションギャップが存在するのだろうか?

ライボはこのほど、20~50代の各世代498人の社会人男女を対象にした「2022年 世代間ギャップ調査」の結果を発表した。

世代間ギャップの有無

「仕事上で世代間ギャップを感じるか」と質問したところ、「すごく感じる」(22.3%)と、「やや感じる」(51.4%)を合算した73.7%が世代間でギャップを感じていることがわかった。また世代別にみると、バブル世代が78.9%と、もっとも世代間ギャップを感じていることが明らかになった。

No image
No image

特にギャップを感じる世代は

特にギャップを感じる世代について聞くと、全体の47.0%が「バブル世代」で最多回答になり、以降「Z世代」が26.9%、「ロスジェネ世代」が14.3%、「ミレニアル世代」が11.8%と続いた。

世代別で見ていくと、特に顕著だったのがZ世代とバブル世代の結果で、Z世代の69.7%がバブル世代にギャップを感じているのに対して、バブル世代でZ世代にギャップを感じている人は34.6%と差があった。

No image

どんなことでギャップを感じるか

「世代間のギャップについてどのようなイメージを持っているか」と聞くと、全体の77.3%が「マイナスイメージ」と回答し、「プラスイメージ」は22.7%だった。

「どんなことにギャップを感じるか」については、全体の95.9%が「仕事に関する考え方」で最多となり、以降「一般常識」(24.1%)、「コミュニケーションの取り方」(22.5%)と続いた。

No image

世代間ギャップの価値観理解について

「世代間ギャップで感じる価値観を理解しているか」について聞くと、「理解している」(27.3%)と「どちらかといえば理解している」(58.0%)を合算した85.3%が理解していることがわかった。

「理解したいと考えるか」については「理解したい」(35.9%)と「どちらかといえば理解したい」(44.2%)を合算した80.1%が理解したいと考えていることがわかった。

さらに「理解しようとしているか」について聞くと「すごくしている」(20.7%)と「どちらかといえばしている」(63.9%)を合算した84.6%が理解しようとしていることが明らかになった。

No image

<調査概要>
調査対象者   :全国 / 男女 / 20~59歳
調査条件    :就業する社会人
世代      :Z世代(20〜24歳)、ミレニアル世代(25〜34歳)
ロスジェネ世代(35〜49歳)、バブル世代(50代)
調査期間    :2022年4月20日~4月26日
サンプル数   :498人
調査方法    :インターネット調査

出典元:株式会社ライボ

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加