“おしゃれ上手”飯豊まりえの素顔に迫る 中村倫也いわく「炊き立てのお米のような純白感」

“おしゃれ上手”飯豊まりえの素顔に迫る 中村倫也いわく「炊き立てのお米のような純白感」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/21
No image

『MORE』1月号の表紙を飾る飯豊まりえ(C)MORE2020年1月号/集英社 撮影/三瓶康友

女優でモデルの飯豊まりえ(22)が、レギュラーモデルを務める女性ファッション誌『MORE』1月号(集英社)の表紙に初登場。8ページの特集では、ほかには見せないプライベートのファッションやライフスタイル、インタビューなど、その素顔をたっぷりと披露した。

【表紙】冬の装いで『MORE』表紙に初登場した飯豊まりえ

多数のドラマや映画に出演し、年末にはNHK3夜連続スペシャルドラマ『岸部露伴は動かない』のヒロインを務めるなど、女優として目覚ましい活躍を見せる飯豊。レギュラーモデルとして毎月『MORE』誌面を彩り、実はスタイリストやエディターなどファッションプロの間でも“おしゃれ上手”と評判となっている。

「子どもの頃からモデルの仕事をしていた影響で、ガーリー、ポップ、山ガール、カジュアルとさまざまなテイストを経験してきました。その結果、20歳手前くらいでシンプルに行きついた」と本人が語るように、年齢以上に大人びた感性で、すでに「自分のスタイルを持っている」と、その洗練されたファッションスタイルが注目されている。

今回の特集では、彼女のプライベートファッションだけでなく、愛用品やファッションポリシーなどを熱いトークとともに公開。さらに、インタビューでは家族のことやライフスタイル、女優業との向き合い方など『MORE』読者にだけ語った。

また、彼女が素晴らしい影響を受けたという俳優の高橋一生や中村倫也、高校生以来の親友の玉城ティナなどからのメッセージも必見。中村は「炊き立てのお米のような純白感。やみたての雪解雨のような透明感」と言わしめた、彼女の魅力は知るほどにハマること必至。

同号には、ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanの松倉海斗と松田元太が、ファッション企画「ひとつ屋根の下。“シェアする”スウェット物語」に登場。連載拡大版となるSexy Zoneの松島総のインパクトあふれるビジュアルや、初登場のHiHi Jetsの企画(6ページ)も掲載される。

さらに、TWICE(同号スペシャルエディションのカバーにも登場)のインタビューほか、フワちゃんによる恋バナ&メイクや、注目の女子アナ・鷲見玲奈の美ボディの秘密など盛りだくさんに特集する。特別付録は人気ブランドのジェラート ピケとコラボした、「2021年卓上カレンダー」、別冊付録の「ハッピーを呼び込む 2021年占いBOOK」(36ページ)は、ゲッターズ飯田・イヴルルド遥華・林秀靜の豪華3本立て。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加