先制ゴールの鎌田大地「もう少し早めに2点目を取れれば」と反省もゴールに喜び「日本代表でのゴールは格別」

先制ゴールの鎌田大地「もう少し早めに2点目を取れれば」と反省もゴールに喜び「日本代表でのゴールは格別」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/24
No image

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、アメリカ代表戦の勝利を振り返った。

【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!

23日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカと対戦した。

カタール・ワールドカップまで2カ月、メンバー発表前の最後の2試合となった今回の活動。日本は、[4-2-3-1]のシステムでアメリカに臨んだ。

試合は立ち上がりから日本が主導権を握ると、鎌田のゴールで先制。一度はオフサイドで取り消されたが、VARチェックの結果認められて先制した。

その後も日本がペースを握ると、選手交代をしながらも危なげなく戦う展開に。鎌田は先制のシーン以外にも何度か決定機を迎えたが、GKマット・ターナーの好セーブを前にゴールを奪えなかった。

それでも、終盤には途中出場の三笘薫もゴールを決めて、2-0で日本が勝利を収めている。

試合後のフラッシュインタビューに臨んだ鎌田は「今日僕自身、凄い得点チャンスが多かったので、決められて良かったですが、もう少し早めに2点目を取れれば、チームは楽になれてたと思います」とコメント。「点は取れて良かったですが、もう少し、シュートを決められるようにならなければと思います」と、決定機をもっと決めたかったとした。

自身もプレーするドイツでの日本代表としてのゴールについては「ドイツだけじゃなく、場所はどこでも日本代表でのゴールは格別です」と語り、「ゴールが取れて良かったです」と、今季の好調ぶりを日本代表でも示たことを喜んだ。

日本は27日にエクアドル代表と対戦。メンバー発表前のラストマッチを戦う。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加