Twitter公式アプリ「TweetDeck」が新デザイン&新機能を発表したので実際に使ってみた

Twitter公式アプリ「TweetDeck」が新デザイン&新機能を発表したので実際に使ってみた

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/07/21
No image

Twitterの公式クライアント「TweetDeck」は2016年3月にデスクトップ向けアプリが公開終了し、2019年11月21日のツイートを最後に公式アカウントの更新も約2年間停止していました。そんなTweetDeckの公式アカウントが日本時間の2021年7月21日に更新を再開し、新たなデザインと機能を含んだ大規模なアップグレードを告知していたので、生れ変わったTweetDeckを実際に使って見た目や機能を確かめてみました。

Starting today, we’re rolling out a preview of the new & improved version of TweetDeck to a limited number of accounts, with enhanced functionality that incorporates more of what you see on https://t.co/8FModRv1sl . pic.twitter.com/rX0WhSKgmI
— TweetDeck (@TweetDeck)
July 20, 2021
from Twitter

TweetDeckによると、記事作成時点では、新デザインのTweetDeckはアメリカ・カナダ・オーストラリアの一部ユーザーに向けて試験提供中とのことですが……

We’re testing this preview with a small group of randomly-selected people in the United States, Canada, and Australia to start. If you’re eligible, you’ll see an invitation within TweetDeck to opt in.
— TweetDeck (@TweetDeck)
July 20, 2021
from Twitter

Twitterの「リアクション機能」「スーパーフォロー」「送信取り消し」といった新機能をいち早く解析してきたジェーン・マンチュン・ウォン氏がTweetDeckのテスト版を試す方法を公開しています。

document.cookie = "tweetdeck_version=beta"
// You’re welcome ;) https://t.co/VxMdjoAT6Y
— Jane Manchun Wong (@wongmjane)
July 20, 2021
from Twitter

TweetDeckのテスト版を試すには、TweetDeckのトップページにアクセスして「Log in」をクリック。

No image

Twitterに登録しているメールアドレスやユーザー名を入力して「次へ」をクリック。

No image

パスワードを入力して「ログイン」をクリック。

No image

ログインに成功すると、従来のTweetDeckが表示されます。ここからブラウザーコンソールでコマンドを実行することで、新デザインのTweetDeckを試すことができます。今回はFirefoxを使いますが、他のウェブブラウザでも同様の手順で新デザインのTweetDeckを試せます。

No image

コンソールを開くために、画面右上のアイコンをクリックして、表示されたメニューの中から「その他のツール」をクリック。

No image

次にウェブ開発ツールをクリック。

No image

ウェブ開発ツールが画面下部に表示されたら、「コンソール」をクリックして「document.cookie = "tweetdeck_version=beta"」と入力してからキーボードの「Enter」キーを押します。

No image

「"tweetdeck_version=beta"」と表示されたら右側の「×」をクリックしてウェブ開発ツールを閉じ、更新ボタンを押してTweetDeckを再読み込みします。

No image

すると、新デザインのTweetDeckが表示されました。新デザインは、記事作成時点のTwitterのデザインに類似しています。また、従来のTweetDeckでは「タイムライン」「特定の単語の検索結果」「通知」といったコラムを並べて一覧表示させることが可能でしたが、新デザインのTweetDeckでは新たにコラムを並べた画面を「デッキ」として管理することが可能です。実際に新たなデッキを作成するべく画面左端の赤枠のアイコンをクリック。

No image

デッキ作成画面が表示されたら入力欄に作成したいデッキの名前を追加して、分かりやすい絵文字を選択した後に「完了」をクリックします。

No image

すると、空のデッキが作成されました。赤枠のアイコンをクリックして、作成したデッキにコラムを追加します。

No image

コラムには、「リスト」「予約ツイート」「ブックマーク」「通知」などの種類があります。今回は科学系のトピックが並んだデッキを作りたいので、「トピック」をクリックします。

No image

トピックの一覧から目当てのトピックを探し、「列を追加」をクリックして「完了」をクリックすると……

No image

こんな感じに科学関連トピックの並んだデッキを作成出来ました。新デザインのTweetDeckでは「科学関連トピックの並んだデッキ」「検索結果コラムを複数並べたデッキ」など、目的に応じたコラムを登録したデッキを複数作成して管理できます。

No image

従来のデザインに戻したい場合は、ブラウザーコンソールに「document.cookie = "tweetdeck_version="」と入力して実行すればOKです。

// If you want to opt-out of the new TweetDeck Preview:
document.cookie = "tweetdeck_version="
— Jane Manchun Wong (@wongmjane)
July 20, 2021
from Twitter

なお、Twitterでプロダクトリーダーを務めるケイヴォン・ベイポー氏がTweetDeckの新デザイン発表直後に「私たちはTweetDeckがTwitterのサブスクリプションサービスの中で果たす役割を考える必要があります」とツイートしたことから、SNS関連メディアのSocial Media Todayは「TweetDeckが有料化される可能性があります」と指摘しています。

We'll take these lessons into account as we explore what TweetDeck could look like within Twitter's subscription offerings later on. We'll have more to share soon as we learn from these tests.
— Kayvon Beykpour (@kayvz)
July 20, 2021
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加