圧倒的ボリューム感と削ぎ落としたディテールが秀逸な「ダイワ ピア39」【全部試した! 今大人が選ぶべき文化系ダウンジャケットBEST16】

圧倒的ボリューム感と削ぎ落としたディテールが秀逸な「ダイワ ピア39」【全部試した! 今大人が選ぶべき文化系ダウンジャケットBEST16】

  • WEB UOMO
  • 更新日:2021/10/14

ここ数年、ダウンブームが来ている。迷っているうちに、人気モデルは10月には売り切れなんてことも。そこで「今年こそ納得のいくダウンジャケットを買いたい」という人のために、ダウンにうるさい8人が最新モデルを徹底試着してレビュー。いつもの文化系コーディネートにすっと馴染む逸品揃いです。

◆ミリタリーもきれいめも。大人が着るべき「西川ダウン」の文化系ダウンジャケット6選

DAIWA PIER39

No image

愛嬌のあるボリューミーな見た目は、ダウンがたっぷり使われている証拠。寒い環境下でも体温を低下させることなく快適さをキープ。ハンティングジャケットのポケットのディテールを採用し、腰まわりとインナーに大容量の収納を確保している。細部のパーツまで同色でまとめ、シックな趣に。ダウンジャケット¥83,600/ダイワ ピア39(グローブライド)

綾 瞳さん(会社員)

「圧倒的なボリューム感を楽しむために削ぎ落としたシンプルなデザインがいい」

田中 望さん(Revolution PR プレス)
「今っぽいオーバーサイズだけど、デザインを最小限に抑えたソリッドな顔立ち。腰まわりに容量たっぷりのポケットが4つあって、出かけるときもバッグいらず」

松岡 歩さん(三越伊勢丹 デジタルメディア担当)
「保温性や撥水性を備えた全天候型。収納も多くてこれでどこにでも行ける」

No image

フードにもダウンが満載。フロントは鼻あたりまで覆うほど高さがあり、寒い空気を入りづらくしている。

No image

ハンティングジャケットのポケットのディテールを採用し、腰まわりとインナーに大容量の収納を確保。外出時の最低限の持ち物はバッチリ収まる。近所に出かけるならバッグは不要だ。

全部試した! 今大人が選ぶべき文化系ダウンジャケットBEST16

◆随一の軽さ、保温性もバッチリな「モンベル」の黒ダウン ◆ゆったりシルエット×レトロな配色が絶妙な「マルニ」のダウン

掲載アイテムの問い合わせ先はこちら

Photos:Masanori Akao[whiteSTOUT] Naoki Seo
Stylist:Toshihiro Oku
Text:Hisamoto Chikaraishi

yamamotomayu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加