大関の意地、なりふり構わず攻め 貴景勝に初日 秋場所4日目

大関の意地、なりふり構わず攻め 貴景勝に初日 秋場所4日目

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/09/15
No image

貴景勝(右)が突き落としで豊昇龍を降す=東京・両国国技館で2021年9月15日、前田梨里子撮影

大相撲秋場所4日目は15日、東京・両国国技館で行われ、大関・貴景勝が前頭筆頭の豊昇龍に勝ち、初白星を挙げた。

本当に怖い頭部外傷 初場所、取り直しが物議

かど番の貴景勝に、4日目にして初日が出た。

この日も体重の乗った立ち合いとはいかなかった。貴景勝の自慢の突き押しの威力は半減し、逆に押し込まれた。動きの素早い豊昇龍にまわしを許したものの、ここからのなりふり構わぬ攻めに大関の意地を見た。小手に振って体を開き、最後は突き落とし。息をのんで見守っていた観客は、ほっとしたように大きな拍手を送った。

首のけがによる休場明けで、調子は上がらなかった。大関陥落を覚悟して回復に努めるよう促す声も聞こえてくるが、貴景勝はこの日も土俵を務めた。

「勝った、負けた、ではない。毎日準備してやっている」と、言い訳は一切なし。ファンの心配は尽きないが、場所前の本人の言葉を借りるなら「自分にできることをやっていくしかない」。【黒川優】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加