テーラーメイドファン必見!2021年待望の新作「SIM2 ドライバー」

テーラーメイドファン必見!2021年待望の新作「SIM2 ドライバー」

  • スポーツナビDo
  • 更新日:2021/02/21
No image

2020年はテーラーメイドのSIMシリーズが牽引したといっても過言ではありません。2021年2月に待望のSIMの新作「SIM2シリーズ」が登場しました。今回はゴルフライターの鶴原弘高さんが、SIM2 ドライバーを試打。その特徴を解説していただきました。

SIM2 ドライバー

2020年に多くのPGAプロが使ったSIMドライバー。そのSIMドライバーの良さを引き継ぎ、よりやさしくなったのがSIM2ドライバーです。多くの方が待ち望み注目しているのではないでしょうか。

性能の特徴

No image

前作からヘッド構造が大きく変わりました。ソール前面とクラウンがカーボン製になり、ネックからフェース周囲はチタン素材になっています。

No image

カーボンとフォージドミルドアルミニウムリングになっていて、溶接せずに接着だけで作っているところがかなり画期的です。

今回のSIM2ドライバーは、前作SIMドライバーの後継に位置するモデルになってます。限られた店舗限定での販売ですが、数量限定でないので購入はできます。2020年は圧倒的にSIM MAXドライバーが売れたので、そういう販売展開になったのではないでしょうか。

試打の感想

試打の感想は、打感はSIMドライバーとSIM MAXドライバーの中間という印象です。

今回のSIM2ドライバーは3モデルありますが、3モデルとも寛容性が高まっており、それが一番良いところだと思います。

多くのPGAのプロたちも使うのがSIM2ドライバーなんですが、寛容性が上がってるところがポイントですね。

No image

ウェイトをかなりソール後方に配置したヘッド構造によるところが大きいと思います。慣性モーメントが向上し、より真っ直ぐに打ちやすいというところがポイントです。

ただしスピン量は前作より多いので、前作のSIMドライバーのような低スピンの強い球というよりは、若干弾道が上がり安定して飛ぶという印象です。

No image

今回のSIM2ドライバーはディープフェースなので、ティーアップを高くしてフェースの上部で打つとスピン量を抑えられます。前作くらいスピンを減らしたい人はそういった使い方をしても良いのではないでしょうか。

前作がちょうど良かったという人には、やはりスピン量が多く、球がちょっと弱いと感じるかもしれません。そんなときはロフトを減らす、フェース上部で打つなどの工夫をして打ってみるとうまく使いこなせると思います。ぜひ試してみてくださいね。

※ご迷惑をおかけしますがこちらの動画は再生できません。

撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。

スポナビGolf

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加