バルサが負傷した2選手の状態を発表 ピケは「右膝の捻挫」最悪のケースは回避か

バルサが負傷した2選手の状態を発表 ピケは「右膝の捻挫」最悪のケースは回避か

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/22
No image

手術は回避か

FCバルセロナは、ワンダ・メトロポリターノで行われたリーガエスパニョーラのアトレティコ・マドリー戦でジェラール・ピケとセルジ・ロベルトを負傷で失った。クラブは彼らの怪我の程度についてメディカルレポートを発表した。

ジェラール・ピケの場合、「右膝の捻挫」が確認されたと説明している。怪我の程度を正確に知るための検査はまだ行われていない。

セルジ・ロベルトの場合は、「右大腿直筋の損傷」と診断した。全治は不明で、より多くの検査を保留にしている。

ピケのケースの第一印象は、彼がピッチを去る様子を見ても非常にネガティブなものだった。すべては日曜日に行われる検査で明らかになるだろうが、初見の通り捻挫であれば、約2ヶ月程度の欠場で済むだろう。最悪の事態は靭帯を損傷している場合である。手術が必要であれば4ヶ月から6ヶ月の離脱も懸念されている。

セルジ・ロベルトは、幸いにも重傷度は低い。しかし、数週間の離脱は必至で、アラウホ、ブスケツ、ファティといった故障者リストに加わることになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加