ヤクルト・内川が移籍後初ヒット! 山田&村上の後ろでポイントゲッターとして機能

ヤクルト・内川が移籍後初ヒット! 山田&村上の後ろでポイントゲッターとして機能

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/02/23
No image

ヤクルト・内川聖一

ヤクルト - 巨人
<ANA BALL PARK 浦添>

今季からヤクルトに加入した内川聖一選手(38)が23日、巨人との練習試合に「5番・一塁」で先発出場。第1打席に同点適時打を放ち、移籍後初安打と初打点を記録した。

1点ビハインドで迎えた初回、二死走者なしから3番・山田哲人と4番・村上宗隆が連打で一二塁とチャンスメークすると、巨人のドラフト1位右腕・平内龍太投手と対峙し、カウント2ボールからやや甘く入ってきた3球目の速球を中前へ。二塁走者の山田を同点のホームに迎え入れた。

新天地となるヤクルトは“4番・村上後”の打線強化が課題となっているなか、内川は2試合連続で「5番」として先発出場しており、この日はシーズン中にも想定されるシチュエーションできっちり任務遂行。今後は新外国人とのポジション争いも想定されるが、まずは開幕へ向けて順調な調整ぶりをアピールしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加