NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
弘中綾香アナ、人気企画「ノブの好感度を下げておこう」参戦

弘中綾香アナ、人気企画「ノブの好感度を下げておこう」参戦

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2021/07/21

お笑いコンビ・千鳥が出演するABEMAのバラエティ番組「チャンスの時間」と、テレビ朝日のバラエティ番組「ノブナカなんなん?」のコラボが実現し、特別企画「ノブの好感度を下げておこう 弘中アナ編」がABEMAのプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」にて限定公開されている。

No image

その他の大きな画像はこちら

今回のコラボでは、好感度が上がりすぎてしまったノブが、スキャンダルを起こしてしまった時に備え、あらかじめ好感度を下げておく、「チャンスの時間」の人気企画「ノブの好感度を下げておこう」に、テレビ朝日の弘中綾香アナが特別出演。楽屋挨拶に訪れた弘中アナに対し、大悟の指示を受けたノブが“イヤな奴”を演じて、好感度の下降を狙っていく。

冒頭のスタジオトークでは、進行を務めるABEMAの西澤由夏アナより「『ノブナカなんなん?』の視聴者の方もきっと見てくださっている」と、言葉をかけられたノブが「絡みついてくるなよ、この番組が」「地上波のノブに絡みついてくるなよ!」と、早くも好感度の下がりそうなセリフを吐き捨て、笑いを誘う場面も。さらに、楽屋へ向かうノブに、大悟が「わし(の指示)を無視すなよ」と声をかけると、足を止め、「嫌われたくないねん、弘中ちゃんには」「女子アナやで!」と、語気を強めるノブ。それに対し、大悟さんは「うちだって女子アナやんな」と西澤アナの存在を示したが、ノブは「(女子アナ)もどきやん」とまたもや問題発言。「もどきじゃないです!」と抗議する西澤アナに、「ウソですやんか」「冗談です!」とフォローしたノブだったが、大悟は「もう今ので十分好感度下がったけどな」と大笑いした。

そして、いざ弘中アナへの“好感度落下チャレンジ”がスタート。“イヤな奴”を演じるノブの失礼すぎる言動に、弘中アナは「いつものノブさんと違います!」と大困惑、果たしてノブは見事に好感度を下げ、“最低なノブ”になることができたのだろうか。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加