K-1軍から猪木軍へ!木村“フィリップ”ミノルがアントニオ猪木さん追悼大会へ参戦決定し萩原京平との異種格闘技戦を熱望!

K-1軍から猪木軍へ!木村“フィリップ”ミノルがアントニオ猪木さん追悼大会へ参戦決定し萩原京平との異種格闘技戦を熱望!

  • バトル・ニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

25日、都内某所にて、12月28日に両国国技館で開催される『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』の記者会見が行われた。

『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』は、アントニオ猪木さんのマネジメントを務めていたIGF(猪木元気ファクトリー)と、谷川貞治氏が大会プロデューサーを務める巌流島がタッグを組んで開催する猪木さんの追悼イベント。小川直也が“令和猪木軍”の総監督に就任し、“令和猪木軍vs世界の格闘技”をテーマとした異種格闘技戦が行われていく予定だ。

全9~10試合を予定している中、まずは5試合のカードが発表。その後、対戦相手は決まっていないものの、令和猪木軍での参戦が決定した選手として呼び込まれたのは、なんと木村“フィリップ”ミノル。
木村はK-1で活躍し、第3代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者となるなど実績を残していたが、今年3月にボクシング転向を発表。今後の去就に注目が集まっていた中、まさかのINOKI BOM-BA-YEへの電撃参戦となった。

会見に出席した木村は、「自分は今週の月曜日にK-1との契約が円満に終了し、フリーになりました。この場をお借りしましてK-1の皆さんに感謝を伝えたいと思います。ありがとうございました。僕自身1年間試合をしていなかったこともあり、すぐにでも試合をしたく谷川さんに連絡させていただきました。僕はブラジル人なので猪木さんはヒーローのような存在ですし、追悼や異界に出られることは僕にとってすごく意味のあることだと思ってます。最近はボクシングのトレーニングに専念していましたが、ルールはなんでもいいと思ってますし、パンチ力には一層自信がついているので、この大会では自分の実力を存分に発揮できると思って楽しみにしています」とコメント。

対戦相手に希望があるかを問われると、木村は「猪木さんの名前を世に広く広めたのは異種格闘技戦だと思っているので、僕は異種格闘技戦がやりたいと思ってます。できればRIZINの選手と闘いたいです。今一番やりたいのは萩原京平選手ですね。ルールは任せるだけなんで。決まったことをやるだけです」とRIZINで名を上げている萩原との対戦を熱望。

なぜ萩原なのかを問われると、「キャラクターですね。試合は全部見てますけど、すごいRIZINでもすごいハードな対戦してると思うしチャレンジ的な試合ばっかりだと思うんで。戦績はアレですけど、すごい毎回熱くなる試合してますし、ファイターとして魅力あるんで、率直にやりたいと思ってます」と語った。

No image

『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』
日程:2022年12月28日(水)
開始:15:00
会場:東京都・両国国技館

<新規発表カード>
▼RIZIN MMAルール 5分3R 92.0kg
イゴール・タナベ
vs
メルビン・マヌーフ

▼巌流島特別ルール 5分3R 無差別級
ジョシュ・バーネット
vs
シビサイ頌真

▼巌流島特別ルール 5分3R 無差別級
関根“シュレック”秀樹
vs
ヤン・ソウクップ

▼キックボクシング 3分3R 72.5kg
宇佐美秀メイソン
vs
アルバート・クラウス

▼巌流島特別ルール 5分3R 77.0kg
マーカス・レロ・アウレリオ
vs
ガロア・ボファンド

バトル・ニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加