C大阪 浦和に競り勝ち4試合ぶり白星 中島&山田投入で攻撃が活性化

C大阪 浦和に競り勝ち4試合ぶり白星 中島&山田投入で攻撃が活性化

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/19

◇明治安田生命J1第10節 C大阪1-0浦和(2021年4月18日 ヤンマー)

No image

<C大阪・浦和> 前半、へディングでゴールを狙うC大阪・大久保(右) (撮影・後藤 大輝)

C大阪が第10節で浦和とホームで対戦し、1―0で4試合ぶりの白星を手にした。

前半は一方的に押し込まれたが、後半開始から元日本代表MF清武とMF西川に代えてMF中島、FW山田を投入すると攻撃陣が活性化。21分に中島の蹴ったCKをゴール前で山田が合わせ、そのこぼれ球をDF丸橋が右足で流し込み均衡を破った。

終盤は再び押し込まれながらも、1点のリードを守り切って勝利。中島と山田に関して、レヴィー・クルピ監督は「(投入は)勢いをつけたかった。2人ともが機能してくれた」と評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加