コロナ禍で売上ゼロから評価額約8265億円へ、支出管理ツールに拡大したTripActionsの314億円増資にフィンテックが貢献

コロナ禍で売上ゼロから評価額約8265億円へ、支出管理ツールに拡大したTripActionsの314億円増資にフィンテックが貢献

  • TechCrunch
  • 更新日:2021/10/14
No image

新型コロナウイルス感染症パンデミック以前のTripActions(トリップアクションズ)は、航空券、ホテル、レンタカーなど、企業の出張手配に関するさまざまな側面を経費の追跡と統合する機能で知られていた。

しかし、パロアルトを拠点とする同社は、パンデミックで大打撃を受けたスタートアップの1社となった。共同創業者でCEOのAriel Cohen(アリエル・コーエン)氏によると、世界的な危機のなか、同社の収益は0ドルにまで落ち込んだという。パンデミックにともなうビジネスの減速に直面し、2020年3月には約300人の従業員を解雇したことが話題になった。

パンデミックのわずか1カ月前に立ち上げたフィンテック経費精算プロダクト「TripActions Liquid」のスケジュールを早める決断をしたのはその時だった。パンデミックの影響でどこでもデジタル化が進み、企業の従業員は突如、支出に関する意思決定をオフィスの外からするようになり、多くの業者がデジタル決済を受け入れるようになった。

「出張費だけでなく、会社における従業員の経費の使い方をすべて管理したいという顧客のニーズに応える必要があると、すぐに気づきました」とコーエン氏はTechCrunchに語った。「私たちは、企業の従業員が分散し、出張費の代わりにホームオフィス機器やバーチャルソフトウェアを経費として計上していることを知っていました。そこで、従業員が申請できる経費の種類を増やしました」。

この転換が同社にとって賢い動きとなった。現地時間10月13日、シリーズFの「成長」ラウンドにおいて、バリュエーション72億5000万ドル(約8265億円)で2億7500万ドル(約314億円)を調達したと発表した。Greenoaksがリードしたこの資金調達には、Elad Gil、Base Partners、および「すべての主要な既存のファイナンシャルインベスター」が「力強く参加した」という。既存投資家には、Andreessen Horowitz(a16z)、Zeev Ventures、Lightspeed Venture Partners、Group 11などがいる。

TripActionsは、2021年初めに1億5500万ドル(約175億円)のシリーズEを約50億ドル(5700億円)のバリュエーションで完了した。今回のラウンドをもって、同社は2015年の創業以来、合計13億ドル(約1482億円)を調達したことになるが、そのうち約7億8000万ドル(約861億円)はパンデミックの間に確保したものだ。

関連記事:法人旅行の回復を受けTripActionsが約5191億円の評価額で約161億円を調達、コロナ禍から大逆転

今回の資金調達が注目される理由はいくつかある。まず、同社が、主に「法人向け旅行」を扱うスタートアップから、より広範な支出管理会社へと拡大したことだ。これは、BREXやRampといった急成長中のフィンテック企業と同じカテゴリーに入ることを意味する。しかし、コーエン氏が考える最大の違いは、その2社が「出張とは関連性がなく」、中小企業に重点を置いているのに対し、TripActionsは大企業企業にフォーカスしていることだ。

「TripActionsが企業の旅行市場を破壊し続けているように、TripActions Liquidは従来の支出管理ソリューションに取って代わろうとしています」と同氏は話す。「グローバル規模で大企業向けに単一の統一された旅費交通費精算ソリューションを提供できる企業は他にありません」。

TripActionsは現在、Crate & Barrel、Wayfair、Pinterest、Lyft、Zoom、Toast、Amplitude、Ancestry、Box、Axios、SXSW、Glassdoor、SurveyMonkey、Lennar、Qualcommなど5000社以上の顧客を抱える。

No image

画像クレジット:TripActions

コーエン氏は、売上高について明らかにしていないが、TripActionsの予約件数と売上高は、パンデミック前の水準を超えたという。また、管理下にある出張予算の総額は2倍以上、経費予算は同期間に1400%増加したと付け加えた。また、TripActions Liquidは過去6カ月間で、取引件数が500%以上、アクティブユーザー数が400%近く増加した。最近ではHeineken、Snowflake、Thomson Reuters、Adobeなどの顧客を獲得した。

2020年3月にレイオフを実施した際に約800人だった従業員は、現在は1500人となった。

同社は、新たな資本を主にフィンテックを活用した決済・経費管理ソリューションであるTripActions Liquidの開発強化に充て、よりグローバルに展開することを目指す。

また、最近買収したReed&Mackay(リード・アンド・マッケイ)への「より深い」投資も計画している。Reed&Mackayは、ハイエンドなサポート(TripActionsのVIPや旅費交通費を含む)を提供する代理店だ。また、TripActionsは、ビジネスの30%を占めるまでに成長したヨーロッパでのさらなる拡大も計画している。具体的には、2021年度中に英国、イスラエル、および欧州全域で150人以上の人員を増やす予定だ。

加えて「未来の働き方を目指す企業にとって必要不可欠なツール」となることを目指して、中核であるトラベルへの投資を継続する予定だ。特に、個人向け旅行予約サービスLemonade(レモネード)は、2021年度の予約件数が約10倍に増加したとコーエン氏は述べた。

「パンデミック後の経済状況の中で、企業はパワフルで合理的なトラベルソリューションを求めており、出張・経費業界では大きな変化が起きています」とGreenoaksの創業者でマネージングパートナーのNeil Mehta(ニール・メータ)氏は話す。「TripActionsは、世界の大企業の間で急速に普及しており、世界の旅行が回復する中で先頭に立つのにこれほど適した企業はありません」。

最近自らのファンドを立ち上げた投資家のElad Gil(エラッド・ギル)氏は、TripActionsを「巨大な市場の中のナンバーワン企業」と表現した。「TripActionsは順調に実績を重ねており、今後もそれは続きます」。

「企業の出張需要が回復し始めていますが、TripActionsはその機会を捉えるのに適した位置にいます」とギル氏はメールに書いた。「そして、Liquidのような新しいアドオンビジネスは、順調に拡大しています」。

同氏は、総じてTripActionsが「新型コロナに関連する旅行計画向けの賢い機能を含め、旅行体験をより良くする機能を数多く提供している」と考えている。

画像クレジット:Hamza Butt/Flickr(Image has been modified)

原文へ

(文:Mary Ann Azevedo、翻訳:Nariko Mizoguchi

Mary Ann Azevedo,Nariko Mizoguchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加