「100周年めでてーな!」タカトシ・錦鯉・ナックスも祝福 札幌市"100歳"に...今後の展望は

「100周年めでてーな!」タカトシ・錦鯉・ナックスも祝福 札幌市"100歳"に...今後の展望は

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

8月1日は、北海道・札幌市が誕生して100年の節目の日です。札幌のこれまでの100年を振り返るとともに今後の展望を探りました。錦鯉:「こんにちは~~~」7月31日、市内で開かれた札幌市制100周年を記念する式典。錦鯉:「100周年ということで、100周年の一発ギャグ。ここはいいですかね。100周年めでてーな!軽すぎだろ。札幌市の100周年そんな軽いギャグでいいわけないだろ」

No image

タカアンドトシも登場

タカアンドトシ:「ただいまーーー。しつこいなお前!まだ言ってないだろ!言おうとしてただろ!」TEAM NACS:「札幌市制100周年、おめでとうございます!」式典では札幌にゆかりのある芸能人やアスリートからメッセージが寄せられました。またアイヌ舞踊やさっぽろ時計台があしらわれたケーキ、子どもたちのジャズの演奏なども披露されました。

No image

これからの札幌を担う子どもたちのジャズ演奏も

秋元 札幌市長:「これまでの100年への感謝と、これからの100年への希望を胸に共に歩みを進めていきましょう」札幌が市となったのは、ちょうど100年前の1922年8月1日です。当時の人口は12万7044人で、広さは中心部を通る豊平川の左側を中心に、約24キロ平方メートルほどでした。札幌の歴史に詳しい街歩き研究家の和田哲さんは、当時すでに今の札幌の原型ができていたといいます。街歩き研究家 和田 哲さん:「100年前に街の基盤、交通の基盤などが基本的なものができていた」

No image

約115年前の地図にも札幌駅や赤れんが庁舎が

豊平川が作った扇状地を埋め立てられてできた札幌市。約115年前に作られた地図を見てみると、すでに札幌駅や赤れんが庁舎、創成川通りなどが作られていることがわかります。街歩き研究家 和田 哲さん:「発展の時代と次への試行錯誤だったと思う」その後、戦後の混乱期を経て、札幌は飛躍的に成長します。1950年には冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」が初開催。1966年にはアジア初の冬季五輪の招致が決定しました。これを機に地下鉄や地下街が整備され、現在に続く街並みが作られました。

No image

冬季五輪に向けて地下鉄や地下街が整備された

そして市制100周年を迎えた現在、人口約197万人と日本で4番目に人口の多い政令指定都市にまで発展したのです。専門学校生:「これからの100年は札幌も東京や大阪と並ぶくらい、外国人の方々から人気を集める街になればいいと思って、(これからの100年は)グローバル札幌」式典では、これまでの100年だけでなく、これからの100年についても話題に上りました。札幌市は、再開発が積極的に進む一方、ここ数年のうちに人口減少が見込まれるなど、課題は山積みとなっています。

No image

再開発は積極的に進む一方、人口減少などの課題は山積み

札幌市民が考えるこれから解決したい課題は…20代女性:「時計台とか有名なところがあるけど、遊ぶところが少ない。遊べるところが増えたらもっと楽しんでもらえる」30代女性:「不便なことがまだまだある。母親や車いすの人の目線で対策してほしい。高校生:「虐待で苦しむ親子をもう少し減らしたい。(Q:そういう仕事に就きたい?)考えています」地域経済に詳しい北海学園大学の濱田教授は人口減少が予想される中、若者を引き留める政策が重要だと話します。北海学園大学 濱田教授:「北海道に根付く人材育成。北海道に根付く企業づくり。そのためには若いころから、いろいろな取り組みを推進していくことも重要だ。(若い人たちが)子育てをしやすくする。子育てをしながら、自分たちで挑戦できること」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加