トラッキングクッキーのポップアップが消えるGhosteryの新ツール

トラッキングクッキーのポップアップが消えるGhosteryの新ツール

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2022/09/24
No image

Firefoxベースのプライバシー重視のブラウジングと検索セット「Ghostery Dawn」はもちろんのこと、私はGhosteryのトラッカーと広告ブロッカーのファンであり続けている。私の愛は「Never-Consent」の立ち上げでさらに大きくなった。このツールはGhosteryブラウザで利用可能で、Safariの拡張機能としても展開され、順次ChromeとFirefoxの拡張機能も展開されるという。これは、クッキー同意のポップアップを視界から消してくれるだけでなく、トラッキングを拒否してくれる。自動的にだ。

「Never-Consent」とは?
このブラウザ拡張機能は、Ghostery Dawnブラウザにも組み込まれており、ますます煩わしく複雑になっているトラッキングクッキーのオプトアウト同意ポップアップをいたるところで取り除くためのシンプルなツールだ。私のサイトも含め、いくつかのサイトは「すべてを受け入れる」「すべてを拒否する」「選択肢の設定を変える」という非常にわかりやすいクッキー同意のアプローチを採用しているが、悲しいかな多くのサイトはそうではない。無限にスクロールを要するリストの「正当な利益」チェックボックスへ不満を感じているのは、私だけではないだろう。この時点で、私はForbesのクッキー同意オプションをコントロールできないので、私にメッセージを送らないでというべきだろう。

Never-Consentは、デスクトップ、iOS、Androidデバイスで、Ghosteryブラウザ内でも近日中に利用可能になり、最初は前述のようにSafariの拡張機能として提供される予定だ。これはバックグラウンドで動作し、すべてのクッキーの追跡要求とGDPR(EU一般データ保護規則)ポップアップから自動的にオプトアウトし、それらが存在することすらわからないようにしてくれる。

GhosteryのCEOであるジャン=ポール・シュメッツは、これまでの同意型ポップアップブロッカーは「より良いユーザープライバシーへの道を切り開くのに不可欠」と賞賛しているが、歴史的に妥協することなくプライバシーと利便性を保証するコア機能が欠けていたと教えてくれた。「Never-Consentは、単にポップアップを隠したり、許可するリクエストを選んだり、自動的にクッキーを受け入れるのではありません。各ウェブサイトの同意管理プラットフォームからユーザーを自動的にオプトアウトし、同時にサイト閲覧を邪魔する前にGDPR同意ポップアップを削除することによって、これらを完全に取り除くオールインワンソリューションを作成することで、クッキーブロック拡張機能の可能性を革新します」とシュメッツは述べている。

Never-Consentは、どのようにしてトラッキングクッキーのポップアップを消しているのか?
シュメッツは、Never-Consentは、各リクエストを可能な限り高いプライバシーレベルで自動的に記入し、すべてのクッキーとトラッキングのリクエストを拒否することによって、GDPRポップアップがユーザーに強いるプロセスを効率化するように動作すると述べている。

「これらのポップアップを隠したり、一部のリクエストを拒否するだけの市場にある多くのブロッカーとは異なり、Never-Consentはデフォルトでオンになっており、各GDPRバナーに対応し、手動で対応した場合と同じプライバシーレベルで、わずかな時間で視界からそれらを削除してくれます」とシュメッツは述べている。

このツールは、トラッカーやウェブサイトに関するデータをまとめたGhosteryのリソースwhotracks.meが提供するサイトのデータベースを利用している。「ユーザーは、Ghosteryチームがデータベース内で更新するために、GDPRポップアップが適切にブロックされていない拡張機能内のサイトを報告することができます。多くのウェブサイトが、同意管理プラットフォームを使用するためにさまざまな発行元にお金を支払うので、一旦Ghosteryのデータベースに固有のダイアログが追加されると、指数関数的に多くのウェブサイトが順にブロック可能になっています」とシュメッツは述べている。

自動化されたプライバシー代弁者
私がNever-Consentについて最も気に入っているのは、それが事実上、ユーザーのプライバシー代弁者であるということだ。私たちの誰もが達成できるよりもはるかに効率的で、簡単に、自動的にオプトアウトできることは決してばかにできない。もちろんまだ初期段階なので、実際の価値は、今後数週間のうちに、時間をかけてどの程度うまく機能するかを見て判断することになるだろう。シュメッツによれば、ウェブサイトの破損を最小限に抑えつつ、プライバシーの選択を最大化することができるそうだ。後者は、間違いなく、最終的に一般の人々がNever-Consentを受け入れることになるかどうかの核心となるものだ。

「Ghosteryのユーザーは追跡されることを拒否しているという明確なメッセージをウェブサイトの所有者に送ります」とシュメッツがいったとき、何か意味があるのかもしれないと思わずにはいられなかった。

forbes.com 原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加