【巨人】屈辱の8連敗 9回守護神ビエイラが痛恨の3失点 打線は14三振でチャンス作れず

【巨人】屈辱の8連敗 9回守護神ビエイラが痛恨の3失点 打線は14三振でチャンス作れず

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/10/14
No image

◆JERAセ・リーグ 巨人0―3阪神(14日・東京ドーム)

巨人は守護神・T.ビエイラが0―0の9回に3点を失って8連敗を喫した。先発の山口俊が7回無失点と好投したが、打線は5回の中田翔によるわずか1安打のみ。14三振を喫してチャンスを作れず敗れた。

先発の山口俊は3回まで3者凡退に抑えて、得点機会を与えなかった。4回には1死から中野に右翼線二塁打、近本にセーフティバント(三塁内野安打)を決められて一、三塁とピンチを背負ったが、後続を断って得点を与えなかった。5回にはロハスに中前安打を浴びてこの日初めて先頭打者を出塁させたが、後続を抑えて無失点で切り抜けた。山口は8回表で打順が回ってきたところで代打を送られた。11戦ぶりの勝ち星とはならなかったが、7回5安打8奪三振無失点の力投でマウンドを降りた。

8回は畠、中川が無失点で抑えたが、9回守護神・ビエイラが2死一、二塁のピンチを背負うと連打を浴びて、3点を失った。

打線は阪神先発・高橋の前に4回までノーヒットに抑えられた。5回先頭の中田翔がチーム初安打となる左前安打で出塁したが、若林晃弘、小林誠司、山口俊が3者連続空振り三振に切って取られた。チャンスを作れず、7回までわずか1安打、11三振を喫して封じ込まれた。

8、9回と阪神リリーフ陣の前に得点を奪えず、今季ワーストの8連敗を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加