北村義浩教授 コロナ感染拡大に「GoToトラベルというぬかるみにハロウィーン、連休、寒くなり乾燥」

北村義浩教授 コロナ感染拡大に「GoToトラベルというぬかるみにハロウィーン、連休、寒くなり乾燥」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

感染者学の専門家で日本医科大学特任教授の北村義浩氏が20日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。国内の新型コロナウイルス感染者が19日に新たに2385人が確認され、2日連続で2000人を超えて過去最多を更新したことについて言及した。

No image

TBS社屋

東京都では初の500人台となる534人が確認され、感染状況に関する4段階の警戒度を最高レベルの「感染が拡大している」へ約2カ月ぶりに1段階引き上げた。新型コロナ対策を厚生労働省に助言する専門家組織は「感染拡大のスピードが増しており、このまま放置すれば、さらに急速な感染拡大に至る可能性がある」と危機感をあらわにした。ただ政府は観光支援事業「Go To トラベル」を続ける方針で徹底的な対策には至っていない。

北村氏は「今回11月になって上がってきたのはGoToトラベルというぬかるみにハロウィーン、連休、寒くなり乾燥という複数の条件が重なって広がった。そうでないと全国的に高齢者から若者まで同じような比率で急に上がっている、それぞれの地域性が比較的少ないっていうのは説明できない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加