Windows 11ミニTips 第120回 22H2でタスクマネージャーのスタートページを指定する

Windows 11ミニTips 第120回 22H2でタスクマネージャーのスタートページを指定する

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

2022年9月21日にWindows 11 バージョン22H2(以下、22H2)の提供が始まった。それに合わせて本連載も22H2に関するTipsを扱いたいのだが、連載という形体のため掲載数日前に執筆しているので、いまはまだ正式な配信は始まっていない。

Microsoft、Surface新製品の発表イベント 10月12日に開催

そこで今回の第120 回および第121回は、ベータチャネルの最新版(ビルド22622.598)を使用して執筆したことをお断りしておく。

さて、22H2のタスクマネージャーは大きな改良が加わった。Windows 11の配色に同期し、従来のタブはボタンに切り替えるなどモダン化を進めている。なお、「状態」に並んでいるアイコンはプロセスの中断を示しており、Windows 11 バージョン21H2(以下、21H2)までの若葉マーク(?)から変更された。

Process Explorerに代表されるプロセス監視ツールを使っていない(使えない)場合、タスクマネージャーは有用なツールとなる。だが、不便なのは最初に「プロセス」タブが起動する点だ。

筆者は「パフォーマンス」タブでシステム状態を大まかに把握し、負荷の原因を探していくのだが、タブの切り替えでワンステップ操作が増えてしまう。しかし、22H2のタスクマネージャーはスタートページの指定が可能になった。

今回は「パフォーマンス」タブを選択しているが、当然ながらスタートページは利用者の好みで選択すればよい。全体のプロセスを確認する場合は「詳細」タブ、アプリごとのリソース消費なら「アプリの履歴」タブが有用だ。

ちなみに「アプリの履歴」はWindowsのタイル廃止に伴い、21H2の「CPU時間」「ネットワーク」「従量制課金接続」「タイルの更新」から、「CPU時間」「ネットワーク」「通知」に変更している。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら

阿久津良和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加