11/25~第2弾「ユニクロ感謝祭」後半で買うべき2品の値下げ幅 前半行った人も再訪した方が良い理由

11/25~第2弾「ユニクロ感謝祭」後半で買うべき2品の値下げ幅 前半行った人も再訪した方が良い理由

  • マネーの達人
  • 更新日:2022/11/25

11月18日(金)から11月28日(月)まで開催されている、この時期恒例の「ユニクロ感謝祭」。

11月25日(金)から4日間は、「後半戦」がスタートします。

前半とは異なるノベルティと目玉企画の特価商品がそろっていますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事では、「ユニクロ感謝祭」後半戦でぜひ購入すべき2品とその値下げ幅、後半のノベルティをご紹介します。

前半にすでにユニクロ感謝祭へ行った方も、後半戦へ足を運んだ方が良い理由について紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。

No image

「ユニクロ感謝祭」後半戦で買うべき2品

まずは「ユニクロ感謝祭」後半戦で買うべき商品のご紹介です。

前半は晩秋~初冬向け商品、

後半は冬本番商品

が値下げになるケースが多く、2022年後半戦もやはり冬に役立つ防寒衣類がお安くなっています。

厳選した2商品を紹介します。

1. ヒートテックウォームイージーパンツ 3,990円→2,990円

No image

≪画像元:ユニクロ

「ヒートテックウォームイージーパンツ」は表地はさらりとしたポリエステル、裏地がフリースになっているパンツです。

裏地がフリースのパンツにありがちな着ぶくれが一切なく、シンプルですっきりとしたシルエットは他のメーカーではちょっと類をみません。

ウエストも良く伸び、おしりをしっかり包んでくれるので、しゃがんだり立ったりしても背中が出ません。

もちろん温かさも絶品で、スケートリンクや河原やグランドなど、冬の極寒シチュエーションで何度も履いて過ごしましたが、快適に過ごせました。

「ヒートテックウォームイージーパンツ」は毎年改良を繰り返しながら販売しているロングセラー商品のため、発売年によって若干シルエットが違います。

2022年は膝下から足首にかけて適度に絞りがかかる、テーパードデザインになっています。

すっきりとして、きちんとした印象に見えるので、スニーカーはもちろん、パンプスを履いてオフィス仕様にも使えると思います。

「ヒートテックウォームイージーパンツ」は発売年ごとにファンが存在する商品のため、万が一手放したくなってもフリマアプリで買い手がつくでしょう。

2. ヒートテックシームレスリブタートルネックT(極暖・長袖)1,990円→1,490円

No image

≪画像元:ユニクロ

ヒートテックの極暖シリーズ新商品です。

リブ素材の生地は絶妙な厚みで、全く下着感がないことが特徴です。

1枚で着ても問題ありません。

それでいて、極暖の温かさは健在です。

ヒートテックのタートルネックは、その薄さからどうしても首元の印象に下着っぽさが出てしまう点がネックだと思っていましたが、この新商品はその点をばっちり解消してくれました。

カラーバリエーションも豊富です。オレンジやグリーンは発色が鮮やかで、冬の差し色にぴったりです。

特価の機会に、色違いで購入するのもアリでしょう。

No image

≪画像元:ユニクロ

後半のノベルティは「サコッシュバッグ」

ユニクロ感謝祭では1万円以上の購入者を対象にノベルティが配布されます。

後半のノベルティは「サコッシュバッグ」です。

携帯やボトルを入れて、ちょっとした外出をするのに便利ですね。

No image

≪画像元:ユニクロ

前半に行った人も後半に足を運んでみよう

私は前半に足を運んでさまざまな衣類を購入しましたが、後半にも行ってみようと思っています。

実は今回おすすめした「ヒートテックシームレスリブタートルネックT(極暖・長袖)」を、前半のユニクロ感謝祭で定価の1,990円で既に購入してしまいました。

「あと1週間待っておけばよかったな」

と思いましたが、良い商品はできるだけ早く手に入れたいものですよね。

前半で定価で買ってしまった方は、良い商品なら特価の機会に色違いで購入すると良いでしょう。

前回の記事でご紹介した11月末販売商品も、品ぞろえが増えて、いよいよ販売開始です。

No image

≪画像元:ユニクロ

他にも前半で値下げされなかったダウンコートも特価になっていますので、ぜひチェックしてお得に厳冬の準備をしてください。(執筆者:石田 彩子)

石田 彩子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加