製作サイドに大誤算が生じてしまったキムタクの主演映画プロジェクト

製作サイドに大誤算が生じてしまったキムタクの主演映画プロジェクト

  • リアルライブ
  • 更新日:2022/06/23
No image

画像はイメージです

俳優の木村拓哉と女優の綾瀬はるかが21日、都内で行われた映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」(大友啓史監督、来年1月27日公開)の発表会見に出席したことを、各メディアが報じた。

報道をまとめると、同作は東映70周年記念作品で、総製作費20億円で邦画としては大スケール。織田信長(木村)と濃姫(綾瀬)の知られざる夫婦の物語が描かれ、脚本は「コンフィデンスマンJP」シリーズなどを手掛けた古沢良太氏が務め、昨年9月から今年1月に東映京都撮影所などで撮影されたという。

>>キムタク『未来への10カウント』最高視聴率で終了も、テレビ各局はオファーを尻込み?<<​​​

木村は「織田信長さんは非常に惹かれる部分が多い」と明かし、その理由を「木村家と織田家の家紋が、全く同じの『五瓜に唐花』、世の中では『織田木瓜(もっこう)』と呼ばれる家紋。特別な親近感があり、こういった大作で彼を演じさせていただけるというのはすごく名誉なこと」と喜び。

一方、綾瀬は木村とは3度目の共演で初の夫婦役となるが、「いつも気力のパワーがあって、不安でも安心出来る。全力を超えたエネルギーは本当にすごい」と信頼を寄せていたという。

「まさに、東映が社運を賭けたとも言える大作。製作費が20億円で主演がキムタク。興行収入は50億円超えで〝合格ライン〟と言えるだろう。おそらく、かなり早い段階からキムタクと綾瀬が番宣などのPR活動をスタートさせることになりそうだ」(映画業界関係者)

とはいえ、ここに来て、製作サイドにとっての大誤算が生じてしまったというのだ。

「大プロジェクトだけに、現状でトータルのナンバーワン女優と認められる人材として綾瀬をキャスティングした。ところが、先日最終回を迎えた主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』は全話平均1ケタ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で惨敗。それに比べ、大半が水着のシーンだった主演映画『はい、泳げません』はそれなりに動員。肌の露出どころか、戦国時代で着物姿の綾瀬では動員力があるはずがない」(東映関係者)

綾瀬以外の女優で厳選すべきだったかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加