iOS15及びiPadOS15向けアプリのApp Store提出の受付開始

iOS15及びiPadOS15向けアプリのApp Store提出の受付開始

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/09/15
No image

現地時間9月14日に開催されたAppleのイベントに続き、iOS15及びiPadOS15向けアプリのApp Store提出の受付が開始されました。開発者は、iOS15の正式リリースに先立ち、アプリやアップデートをApp Storeに提出できます。

iOS15及びiPadOS15向けアプリ、App Store提出の受付開始

Appleによると、watchOS8とtvOS15対応アプリもApp Storeに提出できるようになったとのことです。macOS Montereyについては、今年後半にアップデートが行われるため、macOS Monterey対応のアプリが申請できるようになるのはまだ少し先になります。

アプリはXcode 13リリース候補版でビルドし、iOS15及びiPadOS15リリース候補版を実行するデバイスでテストした上で、審査に提出してください。2022年4月以降は、App Storeに提出するiOSおよびiPadOSアプリは全てXcode 13及びiOS15 SDKでビルドする必要があります。

iOS15、iPadOS15、watchOS8、及びtvOS15の正式版は、日本時間9月21日(火)に公開される予定です。

Source:Applevia9to5Mac
(m7000)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加