アサヒビール 鳥栖市に新工場の建設を発表 2026年から操業【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/06/23

サガテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

アサヒビールは23日、鳥栖市に新しい工場を建設すると発表しました。

福岡市の「博多工場」が移転するもので、2026年から操業が始まる予定です。

鳥栖市幸津町に建設されるのはアサヒビールの「新九州工場」です。

2025年をめどに操業を終了する福岡市の「博多工場」に代わり、2026年から操業が始まる予定です。

アサヒビールによりますと、新九州工場の敷地面積は27万平方メートルで、博多工場の2倍以上となります。

従業員については、博多工場に勤める正社員120人が新九州工場に配置転換される予定です。

博多工場は1921年に操業が始まり、アサヒビールの中で2番目に古い工場でした。

アサヒビールは新九州工場の操業後、主力の「アサヒスーパードライ」や「クリアアサヒ」など、年間2300万ケースの商品を九州・沖縄などに向けて生産するということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加