【POG】ヴァーンフリート 手塚師手応え「調教の動きは水準以上」

【POG】ヴァーンフリート 手塚師手応え「調教の動きは水準以上」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

ヴァーンフリート

「新馬戦」(13日、東京)

今やG1の常連となった手塚厩舎の先陣を切って、ヴァーンフリート(牡、父リオンディーズ、写真)が13日東京5R(芝1800メートル)で初陣を迎える。

近親には09年ダービー馬ロジユニヴァースや、国内外でG1を制したディアドラなど活躍馬がズラリと並ぶ。9日の美浦Wでは5F68秒9-39秒8-12秒6を楽々とマークして、3頭併せで最先着。「調教の動きは水準以上。今週はモタれる癖も出さなかったね。究極の瞬発力を求められると苦しくなるかもしれないが、いい脚を長く使えそう」と手塚師も手応えをつかんだ。

20年はオークス馬ユーバーレーベンがデビュー戦Vを決めた、6月2週目の東京芝1800メートル戦。厩舎の先輩に続けとばかりに、川田とのコンビで飛躍への第一歩を踏み出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加