剛力彩芽、出産シーンを回想「経験がないので...」 歌唱シーンは照れる

剛力彩芽、出産シーンを回想「経験がないので...」 歌唱シーンは照れる

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

女優の剛力彩芽が11日、都内で行われたアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021(略称:SSFF & ASIA)」のオープニングセレモニーに出席。俳優の山田孝之とともにオープニングMCを務めた。

剛力彩芽、美背中全開ドレスで魅了「かっこよく輝いてみました」

2人はSSFF & ASIAのオープニング上映をじゃんけんで決めることに。剛力が勝利したら、若手クリエイターを支援するプロジェクトで制作された短編映画『卵と彩子』を、山田が勝利した場合は、自らが発起人を務める映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(
ミラーライアーフィルムズ)」の関連動画を流すこととなった。

じゃんけんの前、山田が唐突に「ズルをします」と宣言。「え?」と戸惑う剛力だったが、いざ勝負すると剛力がグーで山田を負かした。山田は「ズルしたのに負けたなぁ…」と遠い目。オープニング上映に決まった『卵と彩子』は、剛力が主演を務める短編映画で、ほか岡山天音らが出演。剛力は「まさかこのタイミングで見ていただけるなんてありがたい」とオープニング上映を喜んだ。

同作品は、学生時代から交際していた恋人と別れるも妊娠が発覚した彩子(剛力)を描く物語。剛力は出産シーンに挑戦しており「まだ経験がないので、監督とどういう風にしていこうかとお話しましたね」と回想した。また、海辺で歌唱するシーンも。剛力は歌手としてCDをリリースしているが「映像作品で歌を歌うことはないので、見てもらっているときすっごい恥ずかしかった」と照れまくっていた。

今年で23回目を数える同映画祭は、米国アカデミー賞で公認されているアジア最大級の国際短編映画祭。6月21日まで行われ、5ヶ所のリアル会場とあわせ、新型コロナウィルス感染状況を鑑みてオンラインでも作品が楽しめるよう用意されている。今年は世界約120の国と地域から集まった6000本以上の中から、選りすぐりの約250作品を上映する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加