MONOだけど消しゴムじゃないよ!修正テープだよ!

MONOだけど消しゴムじゃないよ!修正テープだよ!

  • &GP
  • 更新日:2022/09/23
No image

MONOだけど消しゴムじゃないよ!修正テープだよ!

仕事はパソコンがメインで、普段はスマホばっかり。文字を書く機会はめっきり減ってしまった…という人も増えていますが、それでもやっぱりなくならないのが書類文化。たまにしか文字を書かないから、余計に書き損じが増えてしまった…なんてことも。そんなとき、ひっそりとアシストしてくれる修正テープの存在はありがたいもの。

トンボから、オフィスやペンケース内にあると安心できる小さな修正テープ「モノポケット」(242円)が登場。おなじみの消しゴム「MONO消しゴム」に形がよく似ていますが、中身は修正テープなんです。

No image

小さくおさまりのよい角型で、消しゴム感覚で使用、携帯できる修正テープ。そんなありそうでなかった形を実現させたのが「モノポケット」。大きさは「MONO消しゴム」とほぼ同サイズのW21×D15×H53mmです。

ヘッドはキャップでフルカバーされているので、傷やホコリがつきにくい仕様。キャップを外して反対側の本体後ろにはめると長さが約2割伸び、安定感が増して使いやすさがアップ。

No image

さらに、手ブレ補正機能付きの、消したい箇所が見やすいスケルトンヘッドを搭載。修正テープは、上書きしても削れにくい高品質なものを使用しています。

もしテープがたるんでしまったら、先端がとがったもので巻き戻しボタンを反時計回りに回せば、簡単に巻き取り可能。

No image

カラーは定番のMONOカラーに加え、ブラック、ブルー、パープル、ピンクの全5色。四角いフォルムに“MONO”のロゴがついた様子は、まさに「MONO消しゴム」のようです。

No image

机の上で転がりにくく、立てると省スペースな修正テープ「モノポケット」。仕事や勉強のお供にいかがですか?

>>トンボ鉛筆

<文/&GP>

【関連記事】

◆MONO × Campusの「くすみパステル」がカラバリ全部そろえたくなる!
◆キャンパスノートラバー注目!罫線幅&紙色に合わせた修正テープが出るぞ!
◆修正テープも鉛筆型なら使いやすい!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加