川崎F優勝は22日以降に持ち越し 10人で敗れる

川崎F優勝は22日以降に持ち越し 10人で敗れる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

大分対川崎F 前半、ペナルティーエリア内でファウルし、一発レッドで退場する川崎F・DF谷口(撮影・狩俣裕三)

<明治安田生命J1:大分1-0川崎F>◇第28節◇21日◇昭和電ド

優勝に王手をかけていた川崎フロンターレがアウェーで大分トリニータに敗れ、優勝は決まらなかった。

勝てば優勝が決まっていたが前半にPKで先制され、このPKに直結するプレーで主将のDF谷口が1発退場。1人少ない状況での戦いを余儀なくされた。

ただ、22日に優勝が決まる可能性がある。

22日の午後4時から埼玉スタジアムで浦和レッズと対戦する2位のガンバ大阪が、引き分け以下に終われば、川崎Fの優勝が決まる。G大阪が浦和戦で勝った場合、今節、川崎Fの優勝は決まらない。

最短で、川崎Fの優勝は次節、1位と2位の直接対決となる川崎F-G大阪戦(25日、等々力)となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加