リバプール・南野の “QBK” に韓国メディアは失笑「大ホームランだ」

リバプール・南野の “QBK” に韓国メディアは失笑「大ホームランだ」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/01/14
No image

酷評された南野(ロイター)

韓国メディアが、イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(26)の〝QBK〟を「大ホームランだ」と失笑報道した。

南野は13日に行われたイングランドリーグカップ準決勝アーセナル戦の第1戦でフル出場。しかし、終盤に訪れたゴール前での決定機にシュートを大きくふかしてしまい、0―0の引き分けに終わった。

現地では酷評の嵐で、日本のファンからも「QBK(急にボールが来た)」と揶揄する声が。GKが飛び出しており、普通に合わせれば確実に1点という状況だけに批判の声が高まっている。

そうした南野の〝失態〟が韓国でも大々的に報じられている。同国メディア「OSEN」は「「大ホームランのシュートだ。南野のアーセナル戦は最悪の評価」と屈辱的に報道。「MHNスポーツ」は「南野のミスに批判爆撃だ」と凡ミスに集中砲火を浴びている状況を指摘した。

南野はこの悔しさを糧にするしかないが、攻撃陣の補強が噂されるリバプールで、残されたチャンスは決して多くない。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加