夏バテ予防や食育にも!夏の間食に「とうもろこし」がオススメな理由

夏バテ予防や食育にも!夏の間食に「とうもろこし」がオススメな理由

  • アサジョ
  • 更新日:2022/08/06
No image

夏のスーパーに並ぶ色鮮やかな「とうもろこし」。とれたての新鮮なものほど甘味が強く、フルーツ感覚で楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

【関連記事】夏バテ対策に “元気が出る”食材を教えて!

そんなとうもろこしは、子どものエネルギーチャージにも、疲労回復にも、食育にもオススメ。夏バテ予防や“おうち時間”を充実させるのにもぴったりなんですよ。

■とうもろこしで糖質補給&疲労回復!

とうもろこしの甘さは、糖質がたっぷり含まれている証拠。また、とうもろこしには疲労回復を助けるビタミンB群や食物繊維が豊富で、体内を活性化させるのにも役立ちます。カルシウムやマグネシウムなどのミネラル補給もできるため、栄養バランスを整えるのにもうってつけです。そして、ママの健康維持やアンチエイジングにも。たっぷり遊んで汗をかいた後の栄養チャージとして、とても優秀な食材なんですよ。

■皮をむくお手伝いで食育にも生かせる!

とうもろこしの皮むきはシンプルな工程ですが、意外と力がいる作業。これを頑張った先に、ぎっしり詰まった黄色に輝く粒との出合いや、達成感とうれしさが味わえます。葉っぱやひげの感触を楽しみ、1枚1枚ていねいに皮をむいていく作業は、サポートは必要でも1歳児頃から挑戦できます。自分でむいて美味しさを味わうことで、食べ物に対する興味を引き出し、食事を楽しむきっかけにもなるでしょう。

■焼いても茹でても料理に入れても楽しめる!

おやつとして手軽に食べたいときは、醤油やみりんをつけて焼いたり、茹でたりするのがオススメ。また、細かく刻んだキャベツやきゅうり、ハムと茹でたとうもろこしを合わせた「コールスローサラダ」や、ご飯と一緒に炊き込んだ「とうもろこしご飯」も美味しいですよ。多めに作っておやつで楽しみ、夕食でも楽しんで、お母さんの負担を減らす一手としても役立ちます。

いまの時期が旬で美味しい「とうもろこし」。家族で楽しんで、健康維持や美容に役立ててはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加