「星降る夜に」一星(北村匠海)&春(千葉雄大)の会話が明らかに「内容が可愛すぎる」「すごい楽しそう」と反響

「星降る夜に」一星(北村匠海)&春(千葉雄大)の会話が明らかに「内容が可愛すぎる」「すごい楽しそう」と反響

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】女優の吉高由里子が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「星降る夜に」(毎週火曜よる9時~)の第2話が、24日に放送。25日に、同ドラマの公式Twitterが更新され、柊一星(北村匠海)とその同僚・佐藤春(千葉雄大)の会話の内容に、注目が集まっている。<※ネタバレあり>

No image

(写真 : 千葉雄大、北村匠海「星降る夜に」第2話(C)テレビ朝日)

【写真】一星(北村匠海)、手話で“下ネタ”連発に視聴者驚き

◆吉高由里子主演「星降る夜に」

本作は恋愛ドラマの名手・大石静が脚本を手掛ける、のどかな海街を舞台にした“10歳差”のオリジナル・ピュアラブストーリー。

◆一星(北村匠海)&春(千葉雄大)の会話公開

音のない世界で生きる遺品整理士・柊一星(北村)と、“運命の再会”を果たした産婦人科医・雪宮鈴(吉高)。

一星が鈴を呼び出し、春(千葉)と3人で会話を楽しんだ居酒屋のシーンでは、鈴が席を外している間にも楽しそうに会話していた。

公式Twitterでは、「#一星と春のオフトーク」と題し、その会話をノーカットで公開。

一星が「今週の少年ジャンプ読んだ?」と話しかけ、春とともに「ワンピース最高だった」「あと呪術廻戦も良かった」などと、作品名の特徴的な手話を交えながら、会話を繰り広げていた。

◆一星(北村匠海)&春(千葉雄大)の会話に反響

一星と春の会話に、視聴者からは「会話の内容が可愛すぎる」「何話してるのかすごく気になってた」「作品の手話が特徴的で興味深い」などの声や、「今回は下ネタじゃない!」「『伝説のAV』の話じゃなかった(笑)」と、“下ネタ”が多く登場した1話を受けてのコメントも寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加