今夜「相棒」第14話 美和子の危機...背景に15年前の通り魔事件

今夜「相棒」第14話 美和子の危機...背景に15年前の通り魔事件

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2023/01/25
No image

何者かに襲われ、救急搬送された美和子… - (c)テレビ朝日・東映

人気刑事ドラマ「相棒season21」(テレビ朝日系)の第14話「まばたきの叫び」が、25日よる9時から放送される。

警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と、5代目相棒・亀山薫(寺脇康文)の活躍を描く本作。記念すべき400回目の放送となる第14話では、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が事件に巻き込まれてしまう。

美和子が取材先の民家で襲われる事件が発生。現場から、ホームヘルパーの男性の遺体が発見される。室内を物色した形跡や手口から、窃盗犯の仕業と思われた。美和子は、その家に住む柳沼勝治(忍成修吾)という元受刑者の妻を取材しようとして事件に巻き込まれたらしい。勝治は15年前、通り魔殺人を犯して長年服役していたが、出所の半年前に脳梗塞で倒れ、寝たきりに。彼の世話は、獄中結婚した女性・聖美(陽月華)が担っていた。美和子の取材テーマは、その妻の心境を掘り下げることだった。

捜査に乗り出した特命係は、夫婦から事情を聞くことに。勝治は、体を動かすことも話すこともできなかったが、瞬きや端末への視線入力で意思疎通は可能だった。すると勝治は「犯人は私も殺そうとしていた」と証言。聖美によると、勝治の出所後、悪質な嫌がらせが頻発しているという。勝治は15年前の逮捕当時、遺族の感情を逆なでする言動を取っていたため、未だに恨みの火が消えていないことも考えられた。(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加