なにわ男子・高橋恭平、180センチの道枝駿佑をプライベートで“お姫さま抱っこ” 会場は騒然

なにわ男子・高橋恭平、180センチの道枝駿佑をプライベートで“お姫さま抱っこ” 会場は騒然

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

試写会に登場したなにわ男子の高橋恭平【写真:ENCOUNT編集部】

作中では畑芽育をお姫さま抱っこ「過去一で、優しい~抱っこを」

なにわ男子の高橋恭平が25日、都内で行われた映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(3月3日公開)の完成披露試写会に出席した。メンバーで身長180センチの道枝駿佑をお姫さま抱っこすると明かし、会場に集った女性ファンからどよめきの声があがった。

本作の胸キュンシーンをたずねられ、「仕草というか、行動でいうとお姫さま抱っこ」と言及。「活動していて、プライベートとか仕事しているときとか、メンバーをお姫さま抱っこすることはある。なんか、遊びで~、みたいな」と言い、誰をお姫さま抱っこしているのか問われると「メンバーの道枝駿佑くんとか。身長デカいんですけどお姫さま抱っこしています。そういうのしかない」と答えた。すると、会場に集った女性ファンからは「え~!?」と声が漏れた。

ヒロインを務め、劇中で高橋にお姫さま抱っこされる畑芽育(はた・めい)は「すごく私も緊張した。お姫さま抱っこされる機会なんてないので。高橋さん、だいぶ手こずっていたと思います。やっぱりそれは不慣れですよね」と指摘。

高橋は照れ笑いを浮かべつつ、道枝をお姫さま抱っこするときとの違いを聞かれて「大事に大事に、と言いますか。僕、けっこうガリガリなんです。お互い負担をかけないようにいう気持ちで、そっと! そっと、大きい卵を落とさないようにと言いますか。本当に丁寧に、過去一で、優しい~お姫さま抱っこをしました」と話した。

イベントには板垣李光人(いたがき・りひと)、莉子(りこ)、曽田陵介(そた・りょうすけ)、中島瑠菜(なかじま・るな)、鈴木美羽(すずき・みう)、新城毅彦(しんじょう・たけひこ)監督も出席した。

本作は、亜南くじらによる人気同盟漫画が原作の青春ラブストーリー。人生初の告白に見事に玉砕した高校2年生の失恋女子・如月真綾(きさらぎ・まあや、畑)。親友の小原知花(莉子)に慰められるも、落ち込んでいるところを陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝彗(ちぎら・すい、高橋)に見られてしまう。モテモテなのに周囲には塩対応な千輝は、なぜか真綾に秘密の“片想いごっこ”を提案する。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加