夕張市の山中で男性の遺体 クマに襲われた可能性も

夕張市の山中で男性の遺体 クマに襲われた可能性も

  • HTB北海道ニュース
  • 更新日:2021/11/26

クマに襲われた可能性もあります。25日、北海道夕張市の山林で50代とみられる男性の遺体が見つかりました。顔や頭に大きな傷があったということです。

24日夜、江別警察署に「家族が帰って来ない」と50代の男性の捜索願が出されました。警察が男性の携帯電話の位置情報を元に夕張市内の山林を捜索していたところ、林道に停まっている男性の車を発見しました。そして車から少し離れた林道の20メートルほど下の斜面で、50代とみられる男性の遺体を発見しました。顔や頭に大きな傷があり、他にも手など全身に傷があったということです。

警察は26日にも司法解剖して死因を調べるとともに、遺体が捜索願いの出ていた50代の男性かも含め身元の確認を急ぐ方針です。遺体が見つかった現場付近は、道路を横断するクマが時折目撃されていて、男性がクマに襲われた可能性もあることから、警察は猟友会などを伴って捜査を進めるとしています。

No image

(c)HTB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加