スチューベン甘いよ 青森県鶴田町の園児、収穫に挑戦 観光ぶどう園、25日開園予定

スチューベン甘いよ 青森県鶴田町の園児、収穫に挑戦 観光ぶどう園、25日開園予定

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2022/09/23
No image

たわわに実ったスチューベンを収穫する園児たち

日本一の生産量を誇る青森県鶴田町のブドウ「スチューベン」の収穫期が始まった。22日は同町のつるのこ保育園(下山貴裕園長)の園児たちが町内の観光ぶどう園を訪れ、収穫体験と試食をして秋の実りを喜んだ。

同町境の国道339号沿いにある長内敏さん(80)の畑で、年長組の12人が収穫に挑戦。房を片手で抑えながら、はさみを使って真剣な表情で切り取っていた。その場でもぎたてのブドウを全員で味わい、工藤明梨ちゃん(6)は「(収穫は)楽しかった。甘くておいしい」とうれしそうに話した。

長内さんによると、長内さんの園地では8月の大雨の影響は少なく、色づき、味ともに良好だという。

収穫や草木染体験ができる同町の観光ぶどう園は、25日から10月16日まで、町内5園地で開園予定。問い合わせは町観光案内所(電話0173-26-5563)へ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加