【テニスマナー講座6】テニススクールで“好かれる人・嫌われる人”の行動パターン<SMASH>

【テニスマナー講座6】テニススクールで“好かれる人・嫌われる人”の行動パターン<SMASH>

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/05/14
No image

テニスを楽しむうえでルールを守るのは当然だが、お互いが気持ちよくプレーするにはマナーを守るのも大切なこと。テニス専門誌『スマッシュ』では、日本テニススクール界のパイオニアとして知られる中嶋康博氏の解説をもとに、テニスで「好かれる人」と「嫌われる人」のマナーについて考えてみた。

シリーズの最後となる第6弾では、番外編として「テニススクールのコーチ」から好かれる人についてがテーマ。もちろん生徒のキャラクターでスクールのコーチが差別することはないが、「こういう生徒さんはもっと教えたくなる」という人の行動パターンを紹介しよう。

◆復習をしてくる、やる気のある人◆

レッスンで教えてもらったことを家などで復習してくる人は、上達も早くコーチとしても教え甲斐があるので好かれる。逆に以前に教えたことを忘れている人は、初めからやり直しとなるので上達にも時間がかかってしまう。

またやる気という部分で言えば、スクールの出席率もそのバロメーターの一つ。仕事や学業でレッスンに遅れそうになっても安易に「休み」にはせず、遅刻してもレッスンに来てくれる人はコーチとしてもうれしく感じるようだ。

◆良いプレーに拍手を送れる人◆

クラスの誰かが好プレーをしたら、それに対して拍手をしたり声をかけたりする人。そうしてクラスを盛り上げてくれる人は、コーチや仲間から好かれる。ナイスショットを自分のことのように喜んでくれると、言われた方もうれしくなるもの。盛り上がっているクラスというのは、そういう活気のような部分があり、雰囲気がすごくいい。

ただし、あまりにも過剰に反応していると逆にグールプ内がシラケてしまうこともあるので注意したい。

◆体調が悪い時にそっと教えてくれる人◆

例えば「今日は疲れている」とか「今少し足が痛いんです」と自分の状況を伝えてくれる人はコーチとしては非常に助かる。そうすれば「では軽めに」と、その人に合ったレッスンができるからだ。コーチとしても無理をさせてケガをしたら困るので、体調が良くない時は申告してもらったほうが助かるのだ。

◆取り組み方が真面目で一生懸命にやる人◆

技術レベルに関係なく取り組む姿勢が真面目で、一生懸命やろうとする人はコーチを「もっと教えてあげよう」という気にさせる。逆に話も聞かずに自分の好きなように打っている人は「この人は何しに来ているのだろう?」と疑問を抱かせる。

コーチは「下手だから」といって見放すことは絶対にないが、レッスン中に好き勝手にやっている人には必要以上に教えようとは思わないかもしれない。

◆よく走り懸命にボールを追いかける人◆

技術レベルに関係なく一生懸命にボールを追うようなやる気に満ちた人は、コーチやグループ内で好感を持たれる。逆にあまり動かない諦めの早い人は、いつまでたっても走ることができず、そのぶん上達も遅くなる。

テニス寿命を長くするカギは「足」で、人間は足から衰えてくる。こまめに動いていて素早く反応できる人は、ボールにも追いつくことができるし、良いフォームでボールを打つことができる。「テニス=足ニス」という言葉があるが、その部分はとても大事なところだ。

◆勢い余って隣のエリアまで飛び込んでくる人◆

元気一杯に走り回ることはいいことだが、勢い余って隣のエリアまで飛び込んでしまうのは事故やケガの原因にもなるのでダメ。たしかに足を使うのは大切だが、あくまで無理のない範囲での話。

また、一生懸命にプレーするのはいいが、プレー中に必要以上に大きな声を出すのもダNGだ。そうした行為は「プレーの妨害」として周囲に迷惑をかけるからだ。

◆足元のボールを拾うなど安全管理のできる人◆

レッスンに際してコーチは隅々まで気を配っているが、目の届かないこともある。そうした中で安全管理のできる生徒の存在は助かる。

例えば足元のボールに気付かずにプレーしている人に対して、「ボールありますよ!」と注意したり、足元のボールをどかしてくれる人はコーチとしても助かるし、クラス全体の安全管理意識を高めてくれる。

コーチにとって一番嫌なことはクラスから「ケガ人を出す」こと。それを未然に防いでくれる存在はうれしい限りだ

◆わからないままで終わらせない人◆

わからないことがあれば、どんどん質問しよう。もちろん限度はあるが、わからないことを、わからないままで終わらせていると進歩はない。生徒の中には教わったことをメモしている人もいる。そういうスタンスの人は上達も早く、向上心のある人に対してはコーチも積極的に指導してくれるはずだ。

◆       ◆      ◆

紳士淑女による「マナー・スポーツ」とも呼ばれるテニス。それはテニススクールにおいても同様である。「テニスがうまくなりたい」や「テニスを楽しみたい」など、スクールを利用する目的は人それぞれだが、グループの一員として活動するのだから最低限のマナーは覚えておきたいものだ。

解説=中嶋康博

VIP-TOP グループ ゼネラルマネージャー。日本のテニススクール界のパイオニアとして知られる存在で、その指導法を『中嶋メソッド』として全国に広めた。現在はテニスクラブ、スクール開設・運営のコンサルティングを行なう。(公財)日本テニス協会元普及指導本部長 (公社)日本プロテニス協会元理事長。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】なかなか見られないトッププロの練習やテニス教室の様子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加