“土方歳三がそこに立ってる”――『燃えよ剣』主演の岡田准一が語る、鈴木亮平、山田涼介、柴咲コウとの共闘

“土方歳三がそこに立ってる”――『燃えよ剣』主演の岡田准一が語る、鈴木亮平、山田涼介、柴咲コウとの共闘

  • otocoto
  • 更新日:2021/10/14

黒澤明監督×三船敏郎を思わせるゴールデンコンビとなった原田眞人監督×岡田准一が、『関ヶ原』に続いて送り出すのは、関ヶ原の戦いから250年以上が経過し、再び動乱の時代を迎えた幕末を舞台に、新選組の興亡を描いた『燃えよ剣』。司馬遼太郎の原作をもとに、壮大なスケールで若き志士たちを描いた本作で岡田は新選組副長・土方歳三を壮烈な演技で魅せてくれる。過酷な撮影現場で知られる原田監督のもと、“座長”として新選組の隊士を率いた岡田は、近藤勇役の鈴木亮平、沖田総司役の山田涼介、初共演となる柴咲コウと、どんな共闘関係を築いたのだろうか? 剣技の指導やキャラクターごとの殺陣の構築にも携わり、役を離れても俳優たちの中で土方を思わせる存在であり続けた岡田准一に、役者と作り手の双方の視点から語ってもらった。

10年以内に土方歳三を演じる予感

――いつかは土方歳三を演じることになるという予感があったそうですが?

岡田 NHK BSプレミアムで『ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~』という番組をやらせてもらっていて、土方歳三の回(「俺は負けない、負けたくない〜土方歳三・走り続けた純粋戦士~」2013年10月23日放送)があったときに、“この役を演じるかもしれない”と思ったんです。身長もだいたい同じくらいで、いつか土方歳三を演るんだったら、ここから10年以内ぐらいかなと直感で思いました。

――その直感通り、『燃えよ剣』で土方を演じることが決まったときはどう感じましたか?

岡田 主演には様々なパターンがあって、この前に原田(眞人)監督とご一緒させていただいた『関ヶ原』のように、その時代を見せることが中心の描き方もあるんですが、『燃えよ剣』は土方を通して時代を見せていくという作りでした。これは原田監督にご褒美としていただいた役だと思って、それに感謝しながら、人間としての危うさと魅力がある人として演じきろうと思いました。

――『関ヶ原』と『燃えよ剣』を通して日本の歴史で大きな転換に立ち会う“敗者”を演じましたね。

岡田 『関ヶ原』をやった後で、そこから続いた時代の最後となる幕末の話をやれたのは、歴史好きとしては面白かったです。敗者という意味では、それが美しく見えるような男の生きざまが描かれていたと思います。映画の後半に描かれている土方は、これまでもどういう気持だったんだろうなと思っていたので、演じるにあたって、こうなんじゃないかと自分が感じた形で演じさせてもらいました。

――肖像写真を撮るシーンは、現存する土方の写真とそっくりでした。

岡田 写真が残っていて、みんなが知っているので、あの顔にどうやったらなれるか。このシーンを撮っているときに、あとでスタッフさんに“土方っぽくて怖かった”と言われたんですが、確かに誰も近づいて来なかったです(笑)。みんながそういう空気感を感じ取って近づかないようにして集中させようとしてくださったのかもしれません。これはスタッフさんや共演者しか分からないかもしれないですが、現場で “土方がそこに立っている”と感じてもらえたら、僕の中で役作りとして成功だと思っていたので。

鈴木亮平、山田涼介との一体感

――近藤勇役の鈴木亮平さん、沖田総司役の山田涼介さんとの共演はいかがでしたか。

岡田 鈴木さんは、大河ドラマ(『西郷どん』)の前と後で人が変わりました(笑)。自信と覚悟と視野の広さを持っていらっしゃいました。撮影中も、新選組の隊士たちの中で、落ち込んでいたり悩んでいる役者さんがいたら、ご飯を食べに誘ったりするんですけど、局長の鈴木さんが「僕やっときます」と、やってくれたんですよね。そういう芝居だけではない現場の雰囲気作りでも鈴木さんには助けていただきました。山田くんも、僕と鈴木さんに囲まれてイジられたりしながら可愛いキャラクターでいましたし、でも真面目に才能と取り組む姿勢も見せていて、3人の関係性がすごく良かったですね。現場でも違和感なく、お互いに役名で呼びあっていました。

――土方と恋に落ちる絵師、お雪を演じる柴咲コウさんとは初共演となりましたが、どんな印象でしたか?

岡田 令和でも平成でもなくて、僕が知っている昭和の女優さんを感じさせる方だと思いました。お雪さんが青い着物で土方が来るのを待つシーンがあるんですが、それが遠目から見ても、とても綺麗でした。そのときに往年の女優さんのような力を感じたんですよ。すごくナチュラルで、美しいなと思って見ていました。

No image

芝居のように殺陣を撮る

――原田監督の撮影現場はどんな雰囲気ですか?

岡田 主演だけではなく、全ての役の人に緊張感がずっとある現場なんです。最善じゃないスタッフはいらないし、最善を目指さない役者はいらないっていう現場なので。常に最善を目指して、一緒に乗り越えていく喜びと畏れを内包しているのが原田組なので、やっぱりそのような現場で演じられることができて幸せですし楽しいです。

――今回、岡田さんは俳優だけではなく、各キャラクターに合わせた殺陣を構築していく役割も担っていますね。

岡田 原田監督は芝居のように殺陣を撮りたい、会話をしているように殺陣をやりたいという方なんです。撮り方も、カット割りをして撮っていくのではなくて、1つのシーンを最初から最後まで続けて撮ることでドキュメンタリー性を生み、それを切り取ることによって演出とドキュメンタリーが混在した世界を作りたいという意図なんです。そういう撮り方で見せる殺陣なので、僕が最近出演した『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』とはまた違う世界になってくるんです。だから『燃えよ剣』の殺陣は、まずそれぞれに刀の構え方からキャラ付けをしていきました。そのまま撮ると、みんな同じ構え方になるんですが、それをあえて崩して、それぞれの個性をどう見出して、そこからどういう殺陣になるかを考えて作っていきました。

――冒頭の武州多摩の奥地で土方、近藤、沖田たちが隣村と水争いをするシーンがありますが、あの場面ではどんな殺陣を?

岡田 あのシーンは剣術での戦いではなくて、“喧嘩”というテーマがあるんです。僕は主人公なので、最初は僕から斬りかかっても良いんですけど、近藤さんから斬りかかって、それに対して相手が吹っ飛ぶというリアクションを入れるだけで、近藤勇の力と実直さのようなものが出ることを計算したんです。その後で僕が斬り込んでいって、その脇で沖田が華麗に斬っていくみたいなコンビネーションで殺陣を作っています。人物を全面に出した表現ではないですが、無意識に刷り込まれていくキャラクターたちというのを目指しました。

No image

――彼らが使う天然理心流の剣術についても研究しましたか?

岡田 天然理心流に習いに行くことはしていませんが、勉強はしました。天然理心流は離れ際を大事にしていたりと、かなり実戦的なんですよね。そういうことも含めて入れられることは映画のなかにも入れたりしながらやっていました。土方に関しては喧嘩殺法のようなことも多いので、ちょっとずらしてやっています。

濃厚なこだわった映像で描かれている

――隊士たちからすれば、岡田さんは土方であると同時に、自分たちを指導する存在だったわけですね?

岡田 殺陣が終わると、みんながこっちを見て“今のどうでしたか?”みたいな(笑)。僕が「大丈夫」って言うのをみんな待っているような感じで。それが土方っぽいというか、そういう関係性が演技にも生かされていたと思うので、それがとても良かったですね。京都での撮影ということもあって没入できた環境でした。

――京都を中心に新選組ゆかりの場所での撮影や、世界遺産、国宝級の建物を実際に使用して撮影することで、いっそう没入することが出来たのでは?

岡田 “場”が助けてくれるということはあると思います。ただ、本物の場所すぎて怖いこともあります。ここに本当に新選組が居たとか、何があったのか歴史を知っていると、ここ不味いところだよなとか(笑)。

――公開延期を経て、待ちに待った公開です。

岡田 映画館は、最善の状態を見て欲しいという映画人たちの思いがつまった場所ですよね。テレビやモバイルだと、モニターのサイズや音量を見る人に委ねるので、映画館で上映するということは、“これが最善の映像と音ですよ”というものを見てもらう場所だと思うんです。原田監督の現場は、それに耐える揺るぎない映画を作りたいっていう映画人の矜持と誇りを試される現場だったと思います。だから見る人にも、「2時間半、この映画を見る覚悟ありますか?」と問いかけていると思いますし、そのくらい濃厚なこだわった映像で描かれているので、ぜひ覚悟を持って見ていただけたらなと思います。

取材・文 吉田伊知郎

作品情報

No image

映画『燃えよ剣』

開国か倒幕か― 動乱の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」。
彼らはいかにして、歴史に名を刻む【伝説(レジェンド)】となったのか―?
江戸時代末期。黒船が来航し開国を要求した。幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す倒幕派の対立が深まりつつあった激動の時代-。武州多摩の”バラガキ“だった土方歳三は、「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇、沖田総司ら同志と共に京都へ向かう。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨を局長に擁し、市中を警護する新選組を結成。土方は副長として類まれな手腕と厳しい法度で組織を統率し、新選組は倒幕派勢力の制圧に八面六臂の活躍を見せる。お雪と運命的に出会い惹かれあう土方だったが時流は倒幕へと傾いていき池田屋事件、鳥羽・伏見、五稜郭の戦い、変革の世で剣を手に命を燃やした男たちの、信念と絆。愛と裏切り。そのすべてを圧倒的スケールで描き切る、スペクタクル・エンタテインメント超大作。

監督・脚本:原田眞人

原作:司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫刊/文藝春秋刊)

出演:岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、尾上右近、山田裕貴、たかお鷹、坂東巳之助、安井順平、谷田歩、金田哲、松下洸平、村本大輔、村上虹郎、阿部純子、ジョナス・ブロケ、大場泰正、坂井真紀、山路和弘、酒向芳、松角洋平、石田佳央、淵上泰史、渋川清彦、マギー、三浦誠己、吉原光夫、森本慎太郎、髙嶋政宏、柄本明、市村正親、伊藤英明

配給:東宝 アスミック・エース

© 2021 「燃えよ剣」製作委員会

2021年10月15日(金) 全国公開

公式サイト moeyoken-movie.com/shinsengumi2020/

大人が楽しめる良質な“エンタメ×カルチャーメディア

otocoto(オトコト)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加