カレーを捨てる人に困るゴミ清掃員 → カレーの捨て方とは

カレーを捨てる人に困るゴミ清掃員 → カレーの捨て方とは

  • ガジェット通信
  • 更新日:2022/11/24
No image

カレーライスは日本の国民食と言われるほど人気のフードですよね。食堂でも、レストランでも、ファストフード店でも人気のメニューです。もちろん家庭の料理としても絶大な人気を誇ります。

カレーをそのまま捨てる人がいる

そんなカレーに関する話題がインターネット上で話題になっています。カレーをそのまま捨てる人がいて、ゴミ清掃員が困っているようなのです。作った食べ物はできるだけ捨てたくないものですが、やむを得ずカレーを捨てる場合、皆さんはどうしていますか?

ゴミ清掃員の衣類も汚れてしまう

カレーをそのまま捨てると袋が破けたときに飛散し、周囲が汚れるだけでなく、ゴミ清掃員の衣類も汚れてしまう可能性があるようです。

冷凍してから捨てるとよい?

では、どうやって捨てればよいのか? お笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一さんによると、食べきれる量だけ作るように心がけるのはもちろんのこと、冷凍してから捨てるとよいかもしれないそうです。

カレーをそのまま捨てないでください。おはようございます。ゴミ清掃員の滝沢です。僕らはよくカレー爆発の犠牲者になります。全身カレーまみれになるので、じゃがいもの気持ちがよくわかります。食べ切れる量、冷凍などして頂けると助かります。この日の相棒は靴を拭いてます。 #ゴミ清掃員の日常 pic.twitter.com/dX2SjUipCl
— マシンガンズ滝沢 (@takizawa0914)
November 21, 2022
from Twitter

もしどうしてもやむなく捨てる場合は、直前まで凍らせていたものを清掃員に渡すとかだと爆発しないのかもな〜とも思いました。夏はすぐに溶けちゃうし、結果、液体なので焼却炉の温度下げてしまうし……難しいですね。やっぱりなるべくアレンジなど加えて食べ切ってくれると嬉しいです!
— マシンガンズ滝沢 (@takizawa0914)
November 21, 2022
from Twitter

焼却炉の温度を下げてしまう可能性

ただ、冷凍したカレーは暑い日にゴミ袋の中で溶けてしまうかもしれません。焼却炉の温度を下げてしまう可能性もあるようです。やはり、食べきれる量を作る、もしくは、アレンジして飽きないように工夫して食べきるのがいちばんよいかもしれないですね。

カレーを無駄にしない方法はたくさんありそう

カレーライスとして食べる、カレーうどんとして食べる、カレーラーメンとして食べる、アレンジしてスープカレーやカレー鍋にして食べる、などなど、カレーを無駄にしない方法はたくさんありそうですよ。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

ガジェ通ウェブライター

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加