DeNA・宮崎敏郎が契約更改 6年12億プラス出来高でサイン

DeNA・宮崎敏郎が契約更改 6年12億プラス出来高でサイン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

契約更改を終え、会見を行うDeNA・宮崎敏郎=球団提供

DeNA・宮崎敏郎内野手(32)が25日、横浜スタジアム内で契約更改交渉に臨み、6年総額12億円プラス出来高でサインした。(金額は推定)

契約更改後の会見で宮崎は「本当にすごい契約をしてもらった」と話した。三原代表からは「一緒に頑張っていこう」との言葉をもらった宮崎。今季を振り返り、「もっとできたと思う。もう一回(体を)作り直そうと思います」新たな決意を述べた。

宮崎は今季141試合に出場し、打率・301、16本塁打、73打点。2年連続の3割、6年連続二桁本塁打を達成していた。

10月29日の会見では、今季取得していた国内FA権を行使せず、6年契約で残留することを発表していた。その際、「ベイスターズというチームが好きですし、熱狂的なファンの前でプレーできるのもすごいうれしい。ファンの皆さまと勝って喜びたい」と残留の理由を話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加