ジャガー横田のプロレス入門経緯に生島ヒロシ「いい話ですねぇ」

ジャガー横田のプロレス入門経緯に生島ヒロシ「いい話ですねぇ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

ファイティングポーズを決めるジャガー横田(左)と生島ヒロシ

女子プロレスラーでタレントのジャガー横田(59)が3日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月〜金曜午前5時)に出演した。

毎週月曜のコーナー「カチタスpresentsお家つなごう」のゲストのジャガーは、4人姉妹の末娘として生まれた。中学時代は卓球部に所属して、高校への推薦入学が決まっていたが、「昼夜働く母を少しでも休ませてあげたい」と家庭の経済状況を考えて辞退。「負担を軽くしよう!」「非凡に生きよう!」と全日本女子プロレスの門をたたいたという。

パーソナリティーのフリーアナウンサー生島ヒロシ(70)も「いい話ですねぇ」と感嘆の声をあげた。生島自身も高校2年の時に、現在はスポーツライターとして活躍する下の弟の淳氏(53)が誕生。長男として家の財政を考え、一時は「大学受験を諦めかけました」と振り返った。

「生涯現役宣言」の裏話や、夫で医師の木下博勝氏(53)、長男大維志(たいし)くん(14)の話題で盛り上がった。

10、17、24日にも、「カチタスpresentsお家つなごう」に出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加