小鯛竜也は46.5インチを使用中、石川遼は47.5インチをテスト 今年は日本でも“長尺”がトレンド入り?

小鯛竜也は46.5インチを使用中、石川遼は47.5インチをテスト 今年は日本でも“長尺”がトレンド入り?

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/06/10
No image

小鯛竜也は46.5インチの長尺ドライバーで飛距離を伸ばしている|撮影:鈴木祥

5月の「全米プロゴルフ選手権」では、フィル・ミケルソン(米国)が47.75インチ、の長尺ドライバーを投入して、メジャー史上最年長の50歳で優勝。大きな話題となった。日本に目を向けてみると、石川遼は来週に控える「全米オープン」に向けて、47.5インチのドライバーをテスト。同じく全米オープンに出場する浅地洋佑は、現在45.75インチを使用しているが「全米オープンが終わってから46.5インチを試したい」と語っている。

石川遼の右手人差し指はなぜ離れている?【写真】

もともと45.5インチを使っていた小鯛竜也は、昨年12月に行われたワンデートーナメント、「ゴルフ日本シリーズJTカップpresentsネクストプレーヤーズカップ」から46.5インチを投入した。今年もこれまで46.5インチで試合を戦っている。

「今年に入って47インチのドライバーもけっこう練習しましたが、結局いまは46.5インチに落ち着きました。2年前に比べたら10〜15ヤードくらい飛距離は伸びている。ヘッドスピードも50m/sくらいだったのが、いまは振ったときに53m/sとか54m/sが出る。キャリーで300ヤードは行きますね。風でフォローだったら(トータルで)335ヤード飛んだときもあります。ちょっと疲れているときとか、寒くて体が動かない冬場に、自分のパーセンテージを落としてもそこそこ飛んでくれる」と小鯛は長尺化のメリットを感じている。

ルールの上限は48インチ。だったらもっと伸ばせばいいと思うかもしれないが、ドライバーの長尺化には、ミート率が落ちる以外に2つの問題が起こる。1つは長くすることで、ヘッドが重く感じて振りにくくなること。もう1つは同じロフトのドライバーではボールが上がりすぎてしまうことだ。ミケルソンは189グラムと軽量で、ロフトを5.5度に立てたプロトタイプで対応していた。

小鯛は2つの問題にどう解決したのだろうか。「シャフトはVENTUS(ベンタス)の黒を入れて、カウンターバランスが利いているから思い切って46.5インチにいけたんです。しかもVENTUSの特性なのか、長くしても意外とスピン量が減った。僕のドライバーのリアルロフトは8度のプロトタイプですけど、いまは7度くらいのヘッドを注文しています。それで47インチいってやろうかなと」。

フジクラのVENTUSは国内男子ツアーで昨年から使用者が急増。海外に目を向けても、ミケルソンやダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピースなどトップ選手のドライバーに挿してある。渋野日向子が使っていることでも有名だ。小鯛のいうカウンターバランスとは、手元側の重さが利いて振りやすくなること。ロフトに関してはやはり、長くすることで高く吹け上がって飛ばなくなるため、低ロフトのヘッドは必須となるようだ。

ミケルソンの全米プロ優勝で日本でも長尺化の波が加速しつつある。夏から秋にかけて、男子プロたちのド派手な飛ばし合いが見られるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加