2年目阪神小幡V打「毎年競争」新人加入で鼻息荒く

2年目阪神小幡V打「毎年競争」新人加入で鼻息荒く

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

1回に遊撃への内野安打を放つ阪神小幡(撮影・只松憲)

<みやざきフェニックス・リーグ:巨人3-6阪神>◇21日◇清武第2球場

高卒2年目の阪神小幡竜平内野手が試合を決めた。「1番遊撃」でフル出場し、同点の8回2死二、三塁で左翼へ2点適時二塁打。

「毎打席、凡打でも内容をよくしようと取り組んでいる。もっともっと内容を濃いものにしたい」。来季はドラフト6位の中野、同7位高寺ら同じ内野手のライバルが増え「毎年競争。とにかくアピール」と鼻息を荒くした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加