パナソニック グランフロント大阪から撤退へ 国内最大規模のショールーム コロナの影響で来場者減

パナソニック グランフロント大阪から撤退へ 国内最大規模のショールーム コロナの影響で来場者減

  • 関西テレビ
  • 更新日:2021/09/15

パナソニックは、グランフロント大阪に入るショールームを2022年1月末で閉じると発表しました。

グランフロント大阪の地下1階から地上2階に入る「パナソニックセンター大阪」はパナソニックで国内最大規模のショールームです。

2013年、グランフロントのオープンと同時に目玉テナントとして開業しました。

最新の商品の体験やリフォームなどの相談ができるほか、カフェも併設されていて2021年4月には累計の来場者数が1500万人を突破しました。

しかし、新型コロナの影響で来場者が減り、商品の案内やセミナーなどもオンラインでの開催が増えたことから、固定費がかかるショールームを2022年1月末で閉じることを決めました。

地下1階のリビングショールームは、2022年2月末まで営業し、その後大阪ビジネスパークに移転する方針です。

関西テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加