【独自】大阪・大規模倉庫火災 放火の疑いで19歳少年逮捕へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15

去年11月、大阪市此花区で起きた大規模な物流倉庫の火事で警察は先ほど、倉庫に放火した疑いで派遣社員の19歳の少年を逮捕する方針を固めました。

警察が放火の疑いで逮捕する方針を固めたのは倉庫に出入りしていた派遣社員の19歳の少年です。

去年11月29日、大阪市此花区の舞洲にある「日立物流西日本」の倉庫から火が出て、発生から5日後に消し止められました。

倉庫には医薬品や医療機器などが保管されていて、全体の7割ほどにあたるおよそ3万9000平方メートルが焼けました。

倉庫には当時、従業員などおよそ100人がいましたが逃げ遅れた人はいませんでした。

捜査関係者によりますと、その後の捜査で派遣社員の少年が火を付けた疑いが強まったことから任意での事情聴取を進め、放火の疑いで逮捕状を取りました。

まもなく逮捕する方針です。

2万人超“感染爆発”家庭内感染リスク3.2倍…家族が感染したらどうする?専門家に聞く

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加