無免許で公用車運転 宇城市職員を懲戒処分 【熊本】

無免許で公用車運転 宇城市職員を懲戒処分 【熊本】

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2022/05/14
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

宇城市は、無免許で公用車などを運転した43歳の職員を13日付けで戒告の懲戒処分にしたと発表しました。

戒告の懲戒処分を受けたのは宇城市上下水道局の43歳の男の参事です。

宇城市によりますとこの男の参事は、運転免許の期限がことし1月2日までだったにもかかわらず、更新手続きを忘れ、失効手続きを行った4月5日までの間に、無免許で公用車を3回運転し自家用車で通勤していたということです。

宇城市が、毎年行なっている職員の運転免許証の確認で発覚しました。

宇城市の守田憲史市長は「住民の信頼を損なうことになり心からお詫び申し上げます。このようなことが二度と起こらないよう職員の指導と再発防止を徹底します」と

コメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加