志尊淳、慣れないアニメ声優に四苦八苦 「能力をお金で譲ってもらいたい」と本音

志尊淳、慣れないアニメ声優に四苦八苦 「能力をお金で譲ってもらいたい」と本音

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画「バブル」初日舞台あいさつに登壇した志尊淳【写真:ENCOUNT編集部】

見どころは「アクションの躍動感」

俳優の志尊淳が13日、都内で行われたアニメ映画「バブル」初日舞台あいさつに登壇した。当日は共演者の広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、逢坂良太、荒木哲郎監督も登壇し、初日を迎えた心境を明かしていた。

初日を迎えて志尊は「すごいうれしい気持ちです。本当に、荒木監督が長い月日をかけて作られて、それが完成して皆さんに届けられる。これが創作というか、たくさんのお力添えを借りて作っていくことが醍醐味(だいごみ)だなと感じました」と心境を明かした。

MCから「劇場で見る際のおすすめポイントはどこですか」という質問が上がると、志尊は「アクションの躍動感といいますか、映画館で見た方が奥行きを感じられると思うんですね。あと音楽ですね。僕の中では作中で歌が流れるのが新鮮で、いろんな要素で楽しめるので確実に映画館で見てほしいと思います。細部にこだわっている部分は映画館で堪能してほしいなと思います」と語った。

作品にちなんでMCから「自分以外に姿を変えられるとしたら何になってみたいか」と質問が上がると、志尊は「実力派声優」と回答。「今回、慣れないことですし余裕がなくて。 楽しかったんですが、プレッシャーもあった。なので、純粋に楽しめなくって。皆さんみたいな能力をお金で譲ってもらえないかなと思いました。1日だけ貸してていただければ」と話し、「そもそもノウハウが何かもわからないんです。声優の皆さんとお話をさせていただくと、考え方とか物事の捉え方が違う。そんな細部まで考えてやっているのかと思うと、なおさら肩身が狭くって。皆さん1人ずつの能力が欲しいです」と本音を語った。すると、梶が「コロナもあって、個々の収録でしたからね。皆で一緒に録(と)ったら相乗効果もあったかもしれない。バブル2をぜひ」とフォローしていた。

同作は、世界に降り注いだ泡(バブル)によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。志尊は同作で、パルクールのチームバトル・バトルクールのプレイヤーである主人公・ヒビキに声を当てた。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加