「見た目が5歳若返る♡」むくみを撃退する美顔トレーニングがあった!

「見た目が5歳若返る♡」むくみを撃退する美顔トレーニングがあった!

  • beautyまとめ
  • 更新日:2021/11/25

「なんだか顔がむくんでいる」「輪郭がたるんできた」そんな悩みはありませんか?

顔のむくみやたるみは老け顔のもと……放っておくと、若々しい印象が失われてしまいます。

今回はむくみ・たるみを改善し、顔痩せに効果的な美顔トレーニングをご紹介します。

いつまでも健やかで美しい表情を保って、日々をはつらつと過ごしましょう!

1.顔がむくんだりたるんだりするのはなぜ?

顔のむくみ、たるみが起こる原因を解説します。

1-1.冷えや運動不足による血行不良

No image

出典:shutterstock

冷えや運動不足は血行不良を引き起こし、むくみ・たるみの原因となります。

顔の血行が悪くなると、まぶたや目の下などに余分な水分や老廃物がたまる原因となり、むくみを引き起こしてしまうのです。

むくみが続くと、フェイスラインがたるんで顔全体が老けた印象に……。

血行不良を解消するには、からだを冷やさないようにしっかり入浴したり、軽い運動を行ったりするのがおすすめです。

1-2.加齢による肌の弾力低下

No image

出典:shutterstock

加齢によって体内のコラーゲンが減ると、肌のハリや弾力が低下して、顔のむくみやたるみが起こりやすくなります。

なお、肌のコラーゲンは加齢だけでなく、紫外線ダメージによっても減少するといわれています。

紫外線対策も欠かさないようにしましょう。

1-3.表情筋の筋力低下

No image

出典:shutterstock

顔は表情筋という筋肉によって支えられていますが、表情筋の衰えも、たるみ・むくみの大きな原因となります。

年齢を重ねると全身の筋肉が落ちていきますが、顔の筋肉も例外ではありません。

表情筋が衰えることによって顔のハリがなくなり、徐々に老けた印象になっていってしまうのです。

表情筋の筋力を鍛えるには、このあとお伝えするリフトアップトレーニングが効果的です。

顔の筋力をアップすることで、ハリのある若々しい顔を手に入れられますよ。

2.顔痩せ・リフトアップトレーニング方法

顔痩せとリフトアップにおすすめの表情筋トレーニングをご紹介します。

2-1.「あいうえお」トレーニング

No image

出典:shutterstock

顔をやや上向きに、口を大きく動かして5秒ずつ「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」と声を出していきます。

頬や口の筋肉に力を入れて、ゆっくり行うのがポイント。

5回程度繰り返します。

2-2.眼輪筋トレーニング

No image

出典:shutterstock

まぶたや涙袋のたるみにおすすめなのは、目の周囲にある眼輪筋(がんりんきん)のトレーニング。

目を5秒細めてキープし、ゆっくり目を開きます。

次に目をギューッと閉じて5秒キープし、ふたたびゆっくり目を開きましょう。

1日3セット以上行うと効果的です。

3.むくみ改善やダイエットには漢方もおすすめ

No image

出典:shutterstock

「むくみ、たるみを解消したい」「顔痩せのためにダイエットしたい」という方には、医療現場でも使われている漢方薬もおすすめです。

漢方薬は水の流れや、気の乱れ(ストレス)、血の流れなどを改善して、からだを健康な状態へと導きます。

からだ全体のバランスを整えて、内側から根本的に症状を改善していける点が、漢方薬の大きな特徴といえるでしょう。

仕事や家事などで忙しい現代女性が、毎日じっくりお風呂でからだを温めたり、表情筋トレーニングを欠かさず続けたりするのは大変ですよね。

その点、漢方薬なら、自分の症状や体質に合ったものを飲むだけなので、毎日無理なく続けることができます。

<むくみ解消やダイエットのサポートにおすすめの漢方薬>

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

体力が中等度以下で疲れやすく、むくみや肥満のある方におすすめ。

「気」を補って胃腸のはたらきを高め、体内の余分な水分を排出します。

水太りの肥満症の方によく使用されます。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体力が充実していて、おなかの皮下脂肪が多く、便秘がちな方におすすめ。

排便や血流、水分代謝を促して、便や余分な水分を排泄へと導きます。

また、脂質代謝機能を改善し、ため込んでいる脂肪を減らすのに役立ちます。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

No image

出典:shutterstock

漢方薬を飲むときに大切なのは、「自分の体質や症状に適した漢方薬を選ばなければならない」という点。

合わないものを選ぶと十分な効果が得られないだけでなく、場合によっては副作用が起こることも……。

自分に合う漢方薬を見極めるためには、漢方に精通した薬剤師の力を借りるのがおすすめです。

最近では、オンライン上で漢方の相談ができるサービスもでてきています。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極めてくれ、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

4.美顔トレーニングで老け顔にさよなら!

No image

出典:shutterstock

顔のむくみやたるみは、加齢、冷え、表情筋の低下などが原因で起こります。

放っておくと顔が老けた印象になってしまうため、顔痩せに効果のある表情筋トレーニングを続けて、むくみやたるみを改善しましょう。

健康に美しく顔痩せしたい方は、専門家に相談して、むくみや肥満症に効果のある漢方薬を取り入れるのもおすすめです。

若く美しい表情を保ち、健やかな毎日を送ってくださいね。

<この記事を書いた人>

薬剤師 越智屋(おちや)ノマ

病院・調剤薬局での勤務を経て、現在は2人の子供の育児に奮闘しながらライター兼ショートショート作家として活動中。

薬剤師として磨いた服薬指導・薬歴作成の経験から、「難しいことを分かりやすく」をモットーに記事や小説を執筆している。

働きながら子育てをする大変さを痛感しており、仕事や育児に励む女性に寄り添っていきたいと考えている。

あんしん漢方メンバー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加