オリックス パひとり勝ちで3位浮上 交流戦Vにも前進 広島はセひとり負け

オリックス パひとり勝ちで3位浮上 交流戦Vにも前進 広島はセひとり負け

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12
No image

投打のヒーロー、15奪三振の山本(右)と殊勲打の杉本(撮影・佐々木彰尚)

「オリックス4-0広島」(11日、京セラドーム大阪)

オリックスがパ・リーグひとり勝ちで3位に浮上。交流戦でも単独首位に立ち、11年ぶり優勝への期待も高まってきた。

山本が8回2安打無失点、自己最多の15奪三振で6勝目。八回先頭の鈴木誠に中前打を打たれて完全試合はならなかったが、圧巻の投球で4連勝に導いた。

打のヒーローは杉本。0-0の七回、先頭の吉田正が四球で出塁すると、T-岡田が右前打で両軍初安打。代打・ジョーンズの四球などで1死満塁から杉本が中田の138キロを中前に2点適時打を放ち先制した。

「打ったのはフォークだと思います。なかなか点が取れていなかったですし、(山本)由伸になんとか援護点をと思っていたので、イニングは遅くなりましたが、なんとか点を取れてよかったです!」チームは引き分けを挟んで4連勝とし、貯金1となった。

一方の広島はセ・リーグひとり負け。借金10となった。

11日の交流戦6試合の結果は以下の通り。

西武5-6中日

ロッテ1-5巨人

日本ハム0-4DeNA

楽天2-3阪神

オリックス4-0広島

ソフトバンク0-1ヤクルト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加