広瀬すず、『世にも奇妙な物語』初主演 「すごく温かい作品です」

広瀬すず、『世にも奇妙な物語』初主演 「すごく温かい作品です」

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/10/16
No image

11月14日放送の『世にも奇妙な物語‘20秋の特別編』より<画像をもっとみる>

女優の広瀬すずらが出演する『世にも奇妙な物語‘20秋の特別編』が、フジテレビ系にて11月14日21時に放送されることが決定。エピソードのうちの1話『イマジナリーフレンド』で初主演を務める広瀬のコメントが到着した。

【写真】広瀬すずが涙を浮かべるシーンも『世にも奇妙な物語‘20秋の特別編』場面写真

本作は、タモリと豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズの最新版。広瀬のほか、女優の大竹しのぶ、俳優の濱田岳、高橋克実が、4つのエピソードでそれぞれ主演する。

広瀬が主演を務めるのは、『イマジナリーフレンド』。広瀬演じる原田早希は臨床心理学を専攻する大学生。大学の講義で、空想によって寂しさを紛らわせると共に、成長に欠かせない人間同士の絆を育むといわれている“イマジナリーフレンド”について学んでいる。一人っ子や長男長女に多く見られる現象だというが、実は早希にも幼い頃、ユキちゃんという自分にしか見えないウサギのぬいぐるみの友達がいたことを思い出す。すると突然、自宅の部屋にユキちゃんが再び現れるが、それはある事件の幕開けに過ぎなかった…。

サスペンスの要素や、『世にも奇妙な物語』らしい不可思議で少し怖い出来事の連続で展開する物語だが、物語の最後には家族のぬくもりが感じられる、温かいエンディングとなっている。また一人の若い女性が、不思議な出来事を通して大きく成長する成長物語としても楽しめる内容だ。

脇を固めるキャストは、物語の中でも重要な役割を担う早希の母親・原田友里恵役を堀内敬子、早希の同級生・二見健吾役を岐洲匠、早希の幼なじみ・山岸佳織役を横田真悠、そして早希の同級生・七瀬和泉役を夏子が演じる。

出演が決まり、「すごく長く続いている番組で、しかも今回姉(広瀬アリス)は夏編に出ていたので、姉妹で出演できるということで、ありがたいですし、すごく楽しみです」と喜ぶ広瀬。

最初に脚本を読んだ感想については「『世にも奇妙な物語』はホラーが多いと思うのですが、今回のお話はほっこりするすごく温かい作品です。短編なので普通のドラマより短いのがなんだか少しもったいないなと思ってしまうほどすてきな作品だなと思いました」とコメント。

また、エピソードに出てくる姉との絆のようなものを感じたことがあるかについて聞かれると、「姉とは、ずるがしこい所が似ているかなと思います(笑)。あとは、人に対して“この人ってこんな感じの人だな”と思うときの感じ方が似ているなと思います」と明かした。

『世にも奇妙な物語‘20秋の特別編』は、フジテレビ系にて11月14日21時放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加